Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

11.2. カスタムリソース定義からのリソースの管理

以下では、開発者がカスタムリソース定義 (CRD) にあるカスタムリソース (CR) をどのように管理できるかについて説明します。

11.2.1. カスタムリソース定義

Kubernetes API では、リソースは特定の種類の API オブジェクトのコレクションを保管するエンドポイントです。たとえば、ビルトインされた Pod リソースには Pod オブジェクトのコレクションが含まれます。

カスタムリソース定義 (CRD) オブジェクトは、クラスター内に新規の固有オブジェクト Kind を定義し、Kubernetes API サーバーにそのライフサイクル全体を処理させます。

カスタムリソース (CR) オブジェクトは、クラスター管理者によってクラスターに追加された CRD から作成され、すべてのクラスターユーザーが新規リソースタイプをプロジェクトに追加できるようにします。

Operator はとりわけ CRD を必要な RBAC ポリシーおよび他のソフトウェア固有のロジックでパッケージ化することで CRD を利用します。またクラスター管理者は、Operator のライフサイクル外にあるクラスターに CRD を手動で追加でき、これらをすべてのユーザーに利用可能にすることができます。

注記

クラスター管理者のみが CRD を作成できる一方で、開発者は CRD への読み取りおよび書き込みパーミッションがある場合には、既存の CRD から CR を作成することができます。

11.2.2. ファイルからのカスタムリソースの作成

カスタムリソース定義 (CRD) がクラスターに追加された後に、クラスターリソース (CR) は CR 仕様を使用するファイルを使って CLI で作成できます。

前提条件

  • CRD がクラスター管理者によってクラスターに追加されている。

手順

  1. CR の YAML ファイルを作成します。以下の定義例では、cronSpecimage のカスタムフィールドがKind: CronTab のCR に設定されます。この Kind は、CRD オブジェクトの spec.kind フィールドから取得します。

    CR の YAML ファイルサンプル

    apiVersion: "stable.example.com/v1" 1
    kind: CronTab 2
    metadata:
      name: my-new-cron-object 3
      finalizers: 4
      - finalizer.stable.example.com
    spec: 5
      cronSpec: "* * * * /5"
      image: my-awesome-cron-image

    1
    カスタムリソース定義からグループ名および API バージョン (名前/バージョン) を指定します。
    2
    CRD にタイプを指定します。
    3
    オブジェクトの名前を指定します。
    4
    オブジェクトのファイナライザーを指定します (ある場合)。ファイナライザーは、コントローラーがオブジェクトの削除前に完了する必要のある条件を実装できるようにします。
    5
    オブジェクトのタイプに固有の条件を指定します。
  2. ファイルの作成後に、オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f <file_name>.yaml

11.2.3. カスタムリソースの検査

CLI を使用してクラスターに存在するカスタムリソース (CR) オブジェクトを検査できます。

前提条件

  • CR オブジェクトがアクセスできる namespace にあること。

手順

  1. CR の特定の Kind についての情報を取得するには、以下を実行します。

    $ oc get <kind>

    以下は例になります。

    $ oc get crontab
    
    NAME                 KIND
    my-new-cron-object   CronTab.v1.stable.example.com

    リソース名では大文字と小文字が区別されず、CRD で定義される単数形または複数形のいずれか、および任意の短縮名を指定できます。以下は例になります。

    $ oc get crontabs
    $ oc get crontab
    $ oc get ct
  2. CR の未加工の YAML データを確認することもできます。

    $ oc get <kind> -o yaml
    $ oc get ct -o yaml
    
    apiVersion: v1
    items:
    - apiVersion: stable.example.com/v1
      kind: CronTab
      metadata:
        clusterName: ""
        creationTimestamp: 2017-05-31T12:56:35Z
        deletionGracePeriodSeconds: null
        deletionTimestamp: null
        name: my-new-cron-object
        namespace: default
        resourceVersion: "285"
        selfLink: /apis/stable.example.com/v1/namespaces/default/crontabs/my-new-cron-object
        uid: 9423255b-4600-11e7-af6a-28d2447dc82b
      spec:
        cronSpec: '* * * * /5' 1
        image: my-awesome-cron-image 2
    1 2
    オブジェクトの作成に使用した YAML からのカスタムデータが表示されます。