Menu Close

13.3. Ingress コントローラーを使用した Ingress クラスターの設定

OpenShift Container Platform は、クラスター内で実行されるサービスを使ってクラスター外からの通信を可能にする方法を提供します。この方法は Ingress コントローラーを使用します。

13.3.1. Ingress コントローラーおよびルートの使用

Ingress Operator は Ingress コントローラーおよびワイルドカード DNS を管理します。

Ingress コントローラーの使用は、OpenShift Container Platform クラスターへの外部アクセスを許可するための最も一般的な方法です。

Ingress コントローラーは外部要求を許可し、設定されたルートに基づいてそれらをプロキシー送信するよう設定されます。これは SNI を使用する HTTP、HTTPS、および SNI を使用する TLS に制限されますが、これは SNI を使用する TLS で機能する Web アプリケーションやサービスには十分な設定です。

管理者と連携して Ingress コントローラーを設定します。外部要求を許可し、設定されたルートに基づいてそれらをプロキシー送信するように Ingress コントローラーを設定します。

管理者はワイルドカード DNS エントリーを作成してから Ingress コントローラーを設定できます。その後は管理者に問い合わせることなく edge Ingress コントローラーと連携できます。

一連のルートが各種プロジェクトで作成される場合、ルートのセット全体が一連の Ingress コントローラーで利用可能になります。それぞれの Ingress コントローラーはルートのセットからのルートを許可します。デフォルトで、すべての Ingress コントローラーはすべてのルートを許可します。

Ingress コントローラー:

  • デフォルトでは 2 つのレプリカがあるので、これは 2 つのワーカーノードで実行する必要があります。
  • 追加のノードにレプリカを組み込むためにスケールアップすることができます。
注記

このセクションの手順では、クラスターの管理者が事前に行っておく必要のある前提条件があります。

13.3.2. 前提条件

以下の手順を開始する前に、管理者は以下の条件を満たしていることを確認する必要があります。

  • 要求がクラスターに到達できるように、クラスターネットワーク環境に対して外部ポートをセットアップします。
  • クラスター管理者ロールを持つユーザーが 1 名以上いることを確認します。このロールをユーザーに追加するには、以下のコマンドを実行します。

    oc adm policy add-cluster-role-to-user cluster-admin username
  • OpenShift Container Platform クラスターを、1 つ以上のマスターと 1 つ以上のノード、およびクラスターへのネットワークアクセスのあるクラスター外のシステムと共に用意します。この手順では、外部システムがクラスターと同じサブセットにあることを前提とします。別のサブセットの外部システムに必要な追加のネットワーク設定については、このトピックでは扱いません。

13.3.3. プロジェクトおよびサービスの作成

公開するプロジェクトおよびサービスが存在しない場合、最初にプロジェクトを作成し、次にサービスを作成します。

プロジェクトおよびサービスがすでに存在する場合は、サービスを公開してルートを作成する手順に進みます。

前提条件

  • クラスター管理者として oc CLI をインストールし、ログインします。

手順

  1. サービスの新規プロジェクトを作成します。

    $ oc new-project <project_name>

    以下は例になります。

    $ oc new-project myproject
  2. oc new-app コマンドを使用してサービスを作成します。以下は例になります。

    $ oc new-app \
        -e MYSQL_USER=admin \
        -e MYSQL_PASSWORD=redhat \
        -e MYSQL_DATABASE=mysqldb \
        registry.redhat.io/rhscl/mysql-80-rhel7
  3. 以下のコマンドを実行して新規サービスが作成されていることを確認します。

    $ oc get svc -n myproject

    出力例

    NAME             TYPE        CLUSTER-IP     EXTERNAL-IP   PORT(S)    AGE
    mysql-80-rhel7   ClusterIP   172.30.63.31   <none>        3306/TCP   4m55s

    デフォルトで、新規サービスには外部 IP アドレスがありません。

13.3.4. ルートの作成によるサービスの公開

oc expose コマンドを使用して、サービスをルートとして公開することができます。

手順

サービスを公開するには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform にログインします。
  2. 公開するサービスが置かれているプロジェクトにログインします。

    $ oc project project1
  3. 以下のコマンドを実行してルートを公開します。

    $ oc expose service <service_name>

    以下は例になります。

    $ oc expose service mysql-80-rhel7

    出力例

    route "mysql-80-rhel7" exposed

  4. cURL などのツールを使用し、サービスのクラスター IP アドレスを使用してサービスに到達できることを確認します。

    $ curl <pod_ip>:<port>

    以下は例になります。

    $ curl 172.30.131.89:3306

    このセクションの例では、クライアントアプリケーションを必要とする MySQL サービスを使用しています。Got packets out of order のメッセージと共に文字ストリングを取得する場合は、このサービスに接続されていることになります。

    MySQL クライアントがある場合は、標準 CLI コマンドでログインします。

    $ mysql -h 172.30.131.89 -u admin -p

    出力例

    Enter password:
    Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
    
    MySQL [(none)]>

13.3.5. ルートラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化の設定

ルートラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化とは、Ingress コントローラーがルートセレクターによって選択される任意 namespace の任意のルートを提供することを意味します。

Ingress コントローラーのシャード化は、一連の Ingress コントローラー間で着信トラフィックの負荷を分散し、トラフィックを特定の Ingress コントローラーに分離する際に役立ちます。たとえば、Company A のトラフィックをある Ingress コントローラーに指定し、Company B を別の Ingress コントローラーに指定できます。

手順

  1. router-internal.yaml ファイルを編集します。

    # cat router-internal.yaml
    apiVersion: v1
    items:
    - apiVersion: operator.openshift.io/v1
      kind: IngressController
      metadata:
        name: sharded
        namespace: openshift-ingress-operator
      spec:
        domain: <apps-sharded.basedomain.example.net>
        nodePlacement:
          nodeSelector:
            matchLabels:
              node-role.kubernetes.io/worker: ""
        routeSelector:
          matchLabels:
            type: sharded
      status: {}
    kind: List
    metadata:
      resourceVersion: ""
      selfLink: ""
  2. Ingress コントローラーの router-internal.yaml ファイルを適用します。

    # oc apply -f router-internal.yaml

    Ingress コントローラーは、type: sharded というラベルのある namespace のルートを選択します。

13.3.6. namespace ラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化の設定

namespace ラベルを使用した Ingress コントローラーのシャード化とは、Ingress コントローラーが namespace セレクターによって選択される任意の namespace の任意のルートを提供することを意味します。

Ingress コントローラーのシャード化は、一連の Ingress コントローラー間で着信トラフィックの負荷を分散し、トラフィックを特定の Ingress コントローラーに分離する際に役立ちます。たとえば、Company A のトラフィックをある Ingress コントローラーに指定し、Company B を別の Ingress コントローラーに指定できます。

手順

  1. router-internal.yaml ファイルを編集します。

    # cat router-internal.yaml

    出力例

    apiVersion: v1
    items:
    - apiVersion: operator.openshift.io/v1
      kind: IngressController
      metadata:
        name: sharded
        namespace: openshift-ingress-operator
      spec:
        domain: <apps-sharded.basedomain.example.net>
        nodePlacement:
          nodeSelector:
            matchLabels:
              node-role.kubernetes.io/worker: ""
        namespaceSelector:
          matchLabels:
            type: sharded
      status: {}
    kind: List
    metadata:
      resourceVersion: ""
      selfLink: ""

  2. Ingress コントローラーの router-internal.yaml ファイルを適用します。

    # oc apply -f router-internal.yaml

    Ingress コントローラーは、type: sharded というラベルのある namespace セレクターによって選択される namespace のルートを選択します。

13.3.7. 追加リソース