Menu Close

第2章 ホストへのアクセス

OpenShift Container Platform インスタンスにアクセスして、セキュアなシェル (SSH) アクセスでマスターノードにアクセスするために bastion ホストを作成する方法を学びます。

2.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャークラスターでの Amazon Web Services のホストへのアクセス

OpenShift Container Platform インストーラーは、OpenShift Container Platform クラスターにプロビジョニングされる Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのパブリック IP アドレスを作成しません。OpenShift Container Platform ホストに対して SSH を実行できるようにするには、以下の手順を実行する必要があります。

手順

  1. openshift-install コマンドで作成される仮想プライベートクラウド (VPC) に対する SSH アクセスを可能にするセキュリティーグループを作成します。
  2. インストーラーが作成したパブリックサブネットのいずれかに Amazon EC2 インスタンスを作成します。
  3. パブリック IP アドレスを、作成した Amazon EC2 インスタンスに関連付けます。

    OpenShift Container Platform のインストールとは異なり、作成した Amazon EC2 インスタンスを SSH キーペアに関連付ける必要があります。これにはインターネットを OpenShift Container Platform クラスターの VPC にブリッジ接続するための SSH bastion としてのみの単純な機能しかないため、このインスタンスにどのオペレーティングシステムを選択しても問題ありません。どの Amazon Machine Image (AMI) を使用するかについては、注意が必要です。たとえば、Red Hat Enterprise Linux CoreOS では、インストーラーと同様に、Ignition でキーを指定することができます。

  4. Amazon EC2 インスタンスをプロビジョニングし、これに対して SSH を実行した後に、OpenShift Container Platform インストールに関連付けた SSH キーを追加する必要があります。このキーは bastion インスタンスのキーとは異なる場合がありますが、異なるキーにしなければならない訳ではありません。

    注記

    直接の SSH アクセスは、障害復旧を目的とする場合にのみ推奨されます。Kubernetes API が応答する場合、特権付き Pod を代わりに実行します。

  5. oc get nodes を実行し、出力を検査し、マスターであるノードのいずれかを選択します。ホスト名は ip-10-0-1-163.ec2.internal に類似したものになります。
  6. Amazon EC2 に手動でデプロイした bastion SSH ホストから、そのマスターホストに対して SSH を実行します。インストール時に指定したものと同じ SSH キーを使用するようにします。

    $ ssh -i <ssh-key-path> core@<master-hostname>