Menu Close

2.2. メータリング Operator のインストール

メータリングは、メータリング Operator をデプロイしてインストールできます。メータリング Operator はメータリングスタックのコンポーネントを作成し、管理します。

注記

Web コンソールまたは CLI の oc new-project コマンドを使用して、openshift- で始まる Project を作成することはできません。

2.2.1. Web コンソールでのメータリングのインストール

OpenShift Container Platform Web コンソールを使ってメータリング Operator をインストールすることができます。

手順

  1. oc create -f <file-name>.yaml コマンドで、メータリング Operator の namespace オブジェクト YAML ファイルを作成します。CLI を使用して namespace を作成する必要があります。たとえば、metering-namespace.yaml のようになります。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-metering 1
      annotations:
        openshift.io/node-selector: "" 2
      labels:
        openshift.io/cluster-monitoring: "true"
    1
    メータリングを openshift-metering namespace にデプロイすることを強く推奨します。
    2
    オペランド Pod の特定のノードセレクターを設定する前に、このアノテーションを追加します。
  2. OpenShift Container Platform Web コンソールで、OperatorsOperatorHub をクリックします。metering のフィルターで、メータリング Operator を検索します。
  3. メータリングカードをクリックして、パッケージの説明を確認してから Install をクリックします。
  4. Update ChannelInstallation Mode、および Approval Strategy を選択します。
  5. Subscribe をクリックします。
  6. OperatorsInstalled Operators ページに切り替えて、メータリング Operator がインストールされていることを確認します。メータリング Operator では、インストールの完了時に StatusSucceeded になります。

    注記

    メータリング Operator が表示されるまでに数分の時間がかかる場合があります。

  7. Installed Operators ページで Metering をクリックし、Operator Details を確認します。Details ページから、メータリングに関連する異なるリソースを作成できます。

メータリングのインストールを完了するには、メータリングを設定し、メータリングスタックのコンポーネントをインストールできるように MeteringConfig リソースを作成します。

2.2.2. CLI を使用したメータリングのインストール

OpenShift Container Platform CLI を使用して、メータリング Operator をインストールできます。

手順

  1. メータリング Operator の namespace オブジェクト YAML ファイルを作成します。CLI を使用して namespace を作成する必要があります。たとえば、metering-namespace.yaml のようになります。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-metering 1
      annotations:
        openshift.io/node-selector: "" 2
      labels:
        openshift.io/cluster-monitoring: "true"
    1
    メータリングを openshift-metering namespace にデプロイすることを強く推奨します。
    2
    オペランド Pod の特定のノードセレクターを設定する前に、このアノテーションを追加します。
  2. namespace オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f <file-name>.yaml

    以下は例になります。

    $ oc create -f openshift-metering.yaml
  3. OperatorGroup オブジェクト YAML ファイルを作成します。たとえば、metering-og のようになります。

    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: openshift-metering 1
      namespace: openshift-metering 2
    spec:
      targetNamespaces:
      - openshift-metering
    1
    名前は任意です。
    2
    openshift-metering namespace を指定します。
  4. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace をメータリング Operator にサブスクライブします。このオブジェクトは、redhat-operators CatalogSource の最近リリースされたバージョンをターゲットにします。たとえば、metering-sub.yaml のようになります。

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: metering-ocp 1
      namespace: openshift-metering 2
    spec:
      channel: "4.4" 3
      source: "redhat-operators" 4
      sourceNamespace: "openshift-marketplace"
      name: "metering-ocp"
      installPlanApproval: "Automatic" 5
    1
    名前は任意です。
    2
    openshift-logging namespace を指定する必要があります。
    3
    4.4 をチャネルとして指定します。
    4
    metering-ocp パッケージマニフェストが含まれる、redhat-operators CatalogSource を指定します。OpenShift Container Platform が、非接続クラスターとも呼ばれる制限されたネットワークにインストールされている場合、Operator LifeCycle Manager (OLM) の設定時に作成した CatalogSource オブジェクトの名前を指定します。
    5
    「自動」インストール計画の承認を指定します。