Menu Close

6.2. 実稼働環境用のインフラストラクチャーマシンセットの作成

実稼働デプロイメントでは、インフラストラクチャーコンポーネントを保持するために 3 つ以上のマシンセットをデプロイします。ロギング集約ソリューションおよびサービスメッシュはどちらも Elasticsearch をデプロインし、Elasticsearch では複数の異なるノードにインストールされる 3 つのインスタンスが必要です。高可用性を確保するには、これらのノードを複数の異なるアベイラビリティーゾーンにデプロイします。各アベイラビリティーゾーンにそれぞれ異なるマシンセットが必要であるため、3 つ以上のマシンセットを作成します。

6.2.1. 異なるクラウドのマシンセットの作成

クラウドのサンプルマシンセットを使用します。

6.2.1.1. AWS 上のマシンセットカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は us-east-1a Amazon Web Services (AWS) ゾーンで実行され、node-role.kubernetes.io/<role>:""というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructureID> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 1
  name: <infrastructureID>-<role>-<zone> 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-<role>-<zone> 4
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-<role>-<zone> 8
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 9
      providerSpec:
        value:
          ami:
            id: ami-046fe691f52a953f9 10
          apiVersion: awsproviderconfig.openshift.io/v1beta1
          blockDevices:
            - ebs:
                iops: 0
                volumeSize: 120
                volumeType: gp2
          credentialsSecret:
            name: aws-cloud-credentials
          deviceIndex: 0
          iamInstanceProfile:
            id: <infrastructureID>-worker-profile 11
          instanceType: m4.large
          kind: AWSMachineProviderConfig
          placement:
            availabilityZone: us-east-1a
            region: us-east-1
          securityGroups:
            - filters:
                - name: tag:Name
                  values:
                    - <infrastructureID>-worker-sg 12
          subnet:
            filters:
              - name: tag:Name
                values:
                  - <infrastructureID>-private-us-east-1a 13
          tags:
            - name: kubernetes.io/cluster/<infrastructureID> 14
              value: owned
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
1 3 5 11 12 13 14
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 4 8
インフラストラクチャー ID、ノードラベル、およびゾーンを指定します。
6 7 9
追加するノードラベルを指定します。
10
OpenShift Container Platform ノードの AWS ゾーンに有効な Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) AMI を指定します。

6.2.1.2. Azure 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、centralus リージョンの 1 Microsoft Azure ゾーンで実行され、 node-role.kubernetes.io/<role>: "" というラベルの付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructureID> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 1
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 2
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 3
  name: <infrastructureID>-<role>-<region> 4
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 5
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-<role>-<region> 6
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 8
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 9
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-<role>-<region> 10
    spec:
      metadata:
        creationTimestamp: null
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 11
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: azureproviderconfig.openshift.io/v1beta1
          credentialsSecret:
            name: azure-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          image:
            offer: ""
            publisher: ""
            resourceID: /resourceGroups/<infrastructureID>-rg/providers/Microsoft.Compute/images/<infrastructureID>
            sku: ""
            version: ""
          internalLoadBalancer: ""
          kind: AzureMachineProviderSpec
          location: centralus
          managedIdentity: <infrastructureID>-identity 12
          metadata:
            creationTimestamp: null
          natRule: null
          networkResourceGroup: ""
          osDisk:
            diskSizeGB: 128
            managedDisk:
              storageAccountType: Premium_LRS
            osType: Linux
          publicIP: false
          publicLoadBalancer: ""
          resourceGroup: <infrastructureID>-rg 13
          sshPrivateKey: ""
          sshPublicKey: ""
          subnet: <infrastructureID>-<role>-subnet 14 15
          userDataSecret:
            name: <role>-user-data 16
          vmSize: Standard_D2s_v3
          vnet: <infrastructureID>-vnet 17
          zone: "1" 18
1 5 7 12 13 14 17
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
2 3 8 9 11 15 16
追加するノードラベルを指定します。
4 6 10
インフラストラクチャー ID、ノードラベル、およびリージョンを指定します。
18
マシンを配置するリージョン内のゾーンを指定します。リージョンがゾーンをサポートすることを確認してください。

6.2.1.3. GCP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

このサンプル YAML は、Google Cloud Platform (GCP) で実行され、node-role.kubernetes.io/<role>: "" というラベルが付けられたノードを作成するマシンセットを定義します。

このサンプルでは、<infrastructureID> はクラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID に基づくインフラストラクチャー ID であり、<role> は追加するノードラベルです。

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 1
  name: <infrastructureID>-w-a 2
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: 1
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 3
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-w-a 4
  template:
    metadata:
      creationTimestamp: null
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructureID> 5
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <role> 6
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <role> 7
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructureID>-w-a 8
    spec:
      metadata:
        labels:
          node-role.kubernetes.io/<role>: "" 9
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: gcpprovider.openshift.io/v1beta1
          canIPForward: false
          credentialsSecret:
            name: gcp-cloud-credentials
          deletionProtection: false
          disks:
          - autoDelete: true
            boot: true
            image: <infrastructureID>-rhcos-image 10
            labels: null
            sizeGb: 128
            type: pd-ssd
          kind: GCPMachineProviderSpec
          machineType: n1-standard-4
          metadata:
            creationTimestamp: null
          networkInterfaces:
          - network: <infrastructureID>-network 11
            subnetwork: <infrastructureID>-<role>-subnet 12
          projectID: <project_name> 13
          region: us-central1
          serviceAccounts:
          - email: <infrastructureID>-w@<project_name>.iam.gserviceaccount.com 14 15
            scopes:
            - https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform
          tags:
          - <infrastructureID>-<role> 16
          userDataSecret:
            name: worker-user-data
          zone: us-central1-a
1 2 3 4 5 8 10 11 14
クラスターのプロビジョニング時に設定したクラスター ID を基にするインフラストラクチャー ID を指定します。OpenShift CLI がインストールされている場合は、以下のコマンドを実行してインフラストラクチャー ID を取得できます。
$ oc get -o jsonpath='{.status.infrastructureName}{"\n"}' infrastructure cluster
12 16
インフラストラクチャー ID およびノードラベルを指定します。
6 7 9
追加するノードラベルを指定します。
13 15
クラスターに使用する GCP プロジェクトの名前を指定します。

6.2.2. マシンセットの作成

インストールプログラムによって作成されるものに加え、独自のマシンセットを作成して、選択する特定のワークロードに対するマシンのコンピュートリソースを動的に管理することができます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイします。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールします。
  • cluster-admin パーミッションを持つユーザーとして、oc にログインします。

手順

  1. 説明されているようにマシンセット カスタムリソース (CR) サンプルを含む新規 YAML ファイルを作成し、そのファイルに <file_name>.yaml という名前を付けます。

    <clusterID> および <role> パラメーターの値を設定していることを確認します。

    1. 特定のフィールドに設定する値が不明な場合は、クラスターから既存のマシンセットを確認できます。

      $ oc get machinesets -n openshift-machine-api
      
      NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
      agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m
    2. 特定のマシンセットの値を確認します。

      $ oc get machineset <machineset_name> -n \
           openshift-machine-api -o yaml
      
      ....
      
      template:
          metadata:
            labels:
              machine.openshift.io/cluster-api-cluster: agl030519-vplxk 1
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: worker 2
              machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: worker
              machine.openshift.io/cluster-api-machineset: agl030519-vplxk-worker-us-east-1a
      1
      クラスター ID。
      2
      デフォルトのノードラベル。
  2. 新規 MachineSet CR を作成します。

    $ oc create -f <file_name>.yaml
  3. マシンセットの一覧を表示します。

    $ oc get machineset -n openshift-machine-api
    
    
    NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
    agl030519-vplxk-infra-us-east-1a    1         1         1       1           11m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1a   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1b   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1c   1         1         1       1           55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1d   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1e   0         0                             55m
    agl030519-vplxk-worker-us-east-1f   0         0                             55m

    新規のマシンセットが利用可能な場合、 DESIRED および CURRENT の値は一致します。マシンセットが利用可能でない場合、数分待機してからコマンドを再度実行します。

  4. 新規のマシンセットが利用可能になった後に、マシンおよびそれが参照するノードのステータスを確認します。

    $ oc describe machine <name> -n openshift-machine-api

    以下は例になります。

    $ oc describe machine agl030519-vplxk-infra-us-east-1a -n openshift-machine-api
    
    status:
      addresses:
      - address: 10.0.133.18
        type: InternalIP
      - address: ""
        type: ExternalDNS
      - address: ip-10-0-133-18.ec2.internal
        type: InternalDNS
      lastUpdated: "2019-05-03T10:38:17Z"
      nodeRef:
        kind: Node
        name: ip-10-0-133-18.ec2.internal
        uid: 71fb8d75-6d8f-11e9-9ff3-0e3f103c7cd8
      providerStatus:
        apiVersion: awsproviderconfig.openshift.io/v1beta1
        conditions:
        - lastProbeTime: "2019-05-03T10:34:31Z"
          lastTransitionTime: "2019-05-03T10:34:31Z"
          message: machine successfully created
          reason: MachineCreationSucceeded
          status: "True"
          type: MachineCreation
        instanceId: i-09ca0701454124294
        instanceState: running
        kind: AWSMachineProviderStatus
  5. 新しいノードを表示し、新規ノードが指定したラベルを持っていることを確認します。

    $ oc get node <node_name> --show-labels

    コマンド出力を確認し、node-role.kubernetes.io/<your_label>LABELS 一覧にあることを確認します。

注記

マシンセットへの変更は、マシンセットが所有する既存のマシンには適用されません。たとえば、編集されたか、または既存のマシンセットに追加されたラベルは、マシンセットに関連付けられた既存マシンおよびノードには伝播しません。

次のステップ

他のアベイラビリティーゾーンでマシンセットが必要な場合、このプロセスを繰り返して追加のマシンセットを作成します。