3.3. ネットワークが制限された環境でのインストール用のミラーレジストリーの作成

ネットワークが制限された環境でプロビジョニングするインフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、必要なコンテナーイメージをその環境にミラーリングする必要があります。ネットワークが制限された環境でのインストールは、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーではなく、ユーザーがプロビジョニングするインフラストラクチャーでのみサポートされます。この手順を無制限のネットワークで使用して、クラスターが外部コンテンツにちて組織の制御の条件を満たすコンテナーイメージのみを使用するようにすることもできます。

重要

必要なコンテナーイメージを取得するには、インターネットへのアクセスが必要です。この手順では、ご使用のネットワークとインターネットのどちらにもアクセスできるミラーホストにミラーレジストリーを配置します。ミラーホストへのアクセスがない場合は、非接続の手順に従って、イメージをネットワークの境界をまたがって移動できるデバイスにコピーします。

3.3.1. ミラーレジストリーについて

OpenShift Container Platform インストールおよびミラーレジストリーに対する後続の製品の更新に必要なイメージをミラーリングできます。これらのアクションは同じプロセスを使用します。コンテンツの説明が含まれるリリースイメージ、およびこれが参照するイメージがすべてミラーリングされます。さらに、Operator カタログソースイメージおよびこれが参照するイメージは、使用する Operator ごとにミラーリングする必要があります。コンテンツをミラーリングした後に、各クラスターをミラーレジストリーからこのコンテンツを取得するように設定します。

ミラーレジストリーには、最新のコンテナーイメージ API (schema2 と呼ばれる) をサポートするすべてのコンテナーレジストリーを使用できます。すべての主要なクラウドプロバイダーレジストリー、および Red Hat Quay、Artifactory、およびオープンソースの Docker ディストリビューションレジストリー には、必要なサポートがあります。これらのレジストリーの 1 つを使用すると、OpenShift Container Platform で非接続環境で各イメージの整合性を検証できるようになります。

ミラーレジストリーは、プロビジョニングするクラスター内のすべてのマシンから到達できる必要があります。レジストリーに到達できない場合、インストール、更新、またはワークロードの再配置などの通常の操作が失敗する可能性があります。そのため、ミラーレジストリーは可用性の高い方法で実行し、ミラーレジストリーは少なくとも OpenShift Container Platform クラスターの実稼働環境の可用性の条件に一致している必要があります。

ミラーレジストリーを OpenShift Container Platform イメージで設定する場合、2 つのシナリオを実行することができます。インターネットとミラーレジストリーの両方にアクセスできるホストがあり、クラスターノードにアクセスできない場合は、そのマシンからコンテンツを直接ミラーリングできます。このプロセスは、connected mirroring (接続ミラーリング) と呼ばれます。このようなホストがない場合は、イメージをファイルシステムにミラーリングしてから、そのホストまたはリムーバブルメディアを制限された環境に配置する必要があります。このプロセスは、disconnected mirroring (非接続ミラーリング) と呼ばれます。