3.6. プライベートクラスターの設定

OpenShift Container Platform バージョン 4.4 クラスターのインストール後に、そのコアコンポーネントの一部を private に設定できます。

重要

この変更は、クラウドプロバイダーにプロビジョニングするインフラストラクチャーを使用するクラスターにのみ設定できます。

3.6.1. プライベートクラスター

デフォルトで、OpenShift Container Platform は一般にアクセス可能な DNS およびエンドポイントを使用してプロビジョニングされます。クラスターのデプロイ後に DNS、Ingress コントローラー、および API サーバーを private に設定できます。

DNS

OpenShift Container Platform をインストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールする場合、インストールプログラムは既存のパブリックゾーンにレコードを作成し、可能な場合はクラスター独自の DNS 解決用のプライベートゾーンを作成します。パブリックゾーンおよびプライベートゾーンの両方で、インストールプログラムまたはクラスターが Ingress オブジェクトの *.apps、および API サーバーの api の DNS エントリーを作成します。

*.apps レコードはパブリックゾーンとプライベートゾーンのどちらでも同じであるため、パブリックゾーンを削除する際に、プライベートゾーンではクラスターのすべての DNS 解決をシームレスに提供します。

Ingress コントローラー

デフォルトの Ingress オブジェクトはパブリックとして作成されるため、ロードバランサーはインターネットに接続され、パブリックサブネットで使用されます。デフォルト Ingress コントローラーは内部コントローラーに置き換えることができます。

API サーバー

デフォルトでは、インストールプログラムは内部トラフィックと外部トラフィックの両方で使用するための API サーバーの適切なネットワークロードバランサーを作成します。

Amazon Web Services (AWS) では、個別のパブリックロードバランサーおよびプライベートロードバランサーが作成されます。ロードバランサーは、クラスター内で使用するために追加ポートが内部で利用可能な場合を除き、常に同一です。インストールプログラムは API サーバー要件に基づいてロードバランサーを自動的に作成または破棄しますが、クラスターはそれらを管理または維持しません。クラスターの API サーバーへのアクセスを保持する限り、ロードバランサーを手動で変更または移動できます。パブリックロードバランサーの場合、ポート 6443 は開放され、ヘルスチェックが HTTPS について /readyz パスに対して設定されます。

Google Cloud Platform では、内部および外部 API トラフィックの両方を管理するために単一のロードバランサーが作成されるため、ロードバランサーを変更する必要はありません。

Microsoft Azure では、パブリックおよびプライベートロードバランサーの両方が作成されます。ただし、現在の実装には制限があるため、プライベートクラスターで両方のロードバランサーを保持します。