1.2. Samples Operator について

Operator はインストール時に独自にデフォルト設定オブジェクトを作成し、その後にクイックスタートテンプレートを含む、サンプルのイメージストリームおよびテンプレートを作成します。

Samples Operator は、registry.redhat.io からのイメージストリームのインポートを容易にするために、インストールプログラムによってキャプチャーされたプルシークレットを openshift namespace にコピーし、シークレットに samples-registry-credentials の名前を付けます。さらに、認証情報を必要とする他のレジストリーからのイメージストリームのインポートを容易にするには、クラスター管理者は、イメージのインポートを容易にするために必要な Docker config.json ファイルの内容を含む追加のシークレットを openshift namespace に作成できます。

Samples Operator 設定はクラスター全体で使用されるリソースであり、デプロイメントは openshift-cluster-samples-operator namespace 内に含められます。

Samples Operator のイメージには、関連付けられた OpenShift Container Platform リリースのイメージストリームおよびテンプレートの定義が含まれます。各サンプルが作成または更新されると、Samples Operator には OpenShift Container Platform のバージョンを示すアノテーションが含まれます。Operator はこのアノテーションを使用して、各サンプルをリリースバージョンに一致させるようにします。このインベントリーの外にあるサンプルは省略されるサンプルであるために無視されます。バージョンのアノテーションが変更または削除されると、Operator が管理するサンプルに変更が加えてもそれらの変更は自動的に元に戻されます。

注記

Jenkins イメージはインストールからのイメージペイロードの一部であり、イメージストリームに直接タグ付けされます。

Samples Operator 設定リソースには、削除時に以下を消去するファイナライザーが含まれます。

  • Operator 管理のイメージストリーム
  • Operator 管理のテンプレート
  • Operator が生成する設定リソース
  • クラスターステータスのリソース
  • samples-registry-credentials シークレット

サンプルリソースの削除時に、Samples Operator はデフォルト設定を使用してリソースを再作成します。

1.2.1. Samples Operator の管理状態の使用

Samples Operator はデフォルトで Managed としてブートストラップされるか、またはグローバルプロキシーが設定されている場合にブートストラップされます。Managed 状態で、Samples Operator は、イメージストリームおよびイメージをレジストリーからプルし、必要なサンプルテンプレートがインストールされた状態にできるように、リソースをアクティブに管理し、コンポーネントをアクティブな状態に維持します。

以下を含む特定の状況では、Samples Operator が Removed としてそれ自体をブートストラップします。

  • Samples Operator が、クリーンインストール後の初回起動から 3 分後に registry.redhat.io に到達できない場合。
  • Samples Operator がこれが IPv6 ネットワーク上にあることを検出する場合。
  • Samples Operator がこれが ppc64le および S390x にインストールされていることを検出する場合。
重要

現在、IPv6 インストールは registry.redhat.io によってサポートされていません。Samples Operator は、ほとんどのサンプルイメージストリームおよびイメージを registry.redhat.io からプルします。

Samples Operator がインストール時に削除される場合、Samples Operator を代替レジストリーと共に使用 できます。