1.3. Samples Operator の設定パラメーター

サンプルリソースは以下の設定フィールドを提供します。

パラメーター説明

managementState

Managed: Samples Operator は設定の指示に応じてサンプルを更新します。

Unmanaged: Cluster Samples Operator は、その設定リソースオブジェクトおよび openshift namespace のイメージストリームまたはテンプレートへの更新を無視します。

Removed: Cluster Samples Operator は openshift namespace の一連の Managed 状態のイメージストリームおよびテンプレートを除去します。これは、クラスター管理者によって作成される新規サンプルや、省略された一覧にあるサンプルを無視します。除去が完了すると、Samples Operator は Unmanaged 状態にあるかのように機能し、サンプルリソース、イメージストリーム、またはテンプレートに対する監視イベントを無視します。

注記

削除または ManagementStateRemoved への設定は、イメージストリームのインポートが進行中の場合には完了しません。進行中の状態が正常に、またはエラーを出して失敗すると、削除または除去が開始されます。

シークレット、イメージストリーム、およびテンプレートの監視イベントは、削除または除去が開始されると無視されます。

samplesRegistry

イメージのインポート元からレジストリーを上書きします。

注記

RHEL コンテンツの作成または更新は、Samples Registry が明示的に設定 (空の文字列など) されていない場合やこれが registry.redhat.io に設定される場合にプルアクセスのシークレットが有効でないと開始されません。いずれの場合も、イメージのインポートは registry.redha い t.io の外で機能し、これには認証情報が必要になります。

RHEL コンテンツの作成または更新は、Samples Registry が空の文字列または registry.redhat.io 以外の値に上書きされる場合、プルシークレットの存在によって制御されることはありません。

architectures

アーキテクチャーのタイプを選択するためのプレースホルダー。現時点では、x86 のみがサポートされています。

skippedImagestreams

Samples Operator のインベントリーにあるものの、クラスター管理者が Operator に無視させるか、または管理させないようにするイメージストリーム。このパラメーターにイメージストリーム名の一覧を追加できます。例: ["httpd","perl"]

skippedTemplates

Samples Operator のインベントリーにあるものの、クラスター管理者が Operator に無視させるか、または管理させないようにするテンプレート。

シークレット、イメージストリーム、およびテンプレート監視イベントは、初期サンプルリソースオブジェクトの作成前に追加することができ、Samples Operator はイベントを検出し、再度キューに入れます。

1.3.1. 設定の制限

Samples Operator が複数のアーキテクチャーをサポートする際に、アーキテクチャーの一覧は、 Managed 状態の場合は変更できません。

アーキテクチャーの値を変更するために、クラスター管理者は以下を実行する必要があります。

  • Management StateRemoved のマークを付け、変更を保存します。
  • その後の変更では、アーキテクチャーを編集し、Management StateManaged に戻します。

Samples Operator は Removed 状態の場合に依然としてシークレットを処理します。Removed に切り換える前にシークレットを作成でき、Managed に切り換える前の Removed 状態、または Managed 状態に切り換えた後にも作成できます (Managed に切り替えた後にシークレットを作成する場合、シークレットイベントが処理されるまでサンプルの作成に遅延が生じます)。これは、レジストリーの変更を容易にするために実行されます。 ここでは、クリーンな状態にするために、切り替え前にすべてのサンプルを削除することを選択できます (切り替え前の削除は必須ではありません)。