8.4. Kubernetes リソースの手動によるトリガー

oc set triggers コマンドをして Kubernete リソースを手動でトリガーできます。

イメージトリガーをデプロイメントに追加する際に、oc set triggers コマンドを使用できます。たとえば、この手順のコマンド例は、イメージ変更トリガーを example という名前のデプロイメントに追加し、 example:latest イメージストリームタグの更新時に、デプロイメント内の web コンテナーが新規の値で更新されるようにします。

手順

  • oc set triggers コマンドを入力して Kubernetes リソースをトリガーします。

    $ oc set triggers deploy/example --from-image=example:latest -c web

デプロイメントが一時停止されない限り、この Pod テンプレートの更新により、デプロイメントはイメージの新規の値で自動的に実行されます。