Menu Close

第1章 クラスターのマイナーバージョン間の更新

マイナーバージョン間で OpenShift Container Platform クラスターの更新またはアップグレードを実行できます。

注記

oc を使用して更新チャネルを変更するのが容易ではないため、Web コンソールを使用して更新チャネルを変更します。Web コンソール内で更新プロセスを完了することが推奨されます。4.3 チャネルに変更を加えた後に更新を完了するために、CLI を使用してマイナーバージョン内でクラスターを更新する手順を実行できます。

1.1. 前提条件

重要

OpenShift Container Platform 4.2 以前から本リリースにアップグレードする場合、アップグレードの完了後にすべての Pod を再起動する必要があります。

これは、OpenShift Container Platform 4.3.5 の時点でサービス CA が自動的にローテーションされるためです。サービス CA はアップグレード時にローテーションされ、その後再起動して、以前のサービス CA の期限が切れる前にすべてのサービスが新しいサービス CA を使用していることを確認する必要があります。

この 1 回で実行される手動による再起動の後、後続のアップグレードおよびローテーションにより、サービス CA の期限が切れる前に手動の介入なしの再起動が行われます。

重要

unsupportedConfigOverrides セクションを使用して Operator の設定を変更することはサポートされておらず、クラスターのアップグレードをブロックする可能性があります。クラスターをアップグレードする前に、この設定を削除する必要があります。