Menu Close

1.4. Web コンソールを使用したクラスターの更新

更新が利用可能な場合、Web コンソールからクラスターを更新できます。

利用可能な OpenShift Container Platform アドバイザリーおよび更新については、カスタマーポータルの エラータのセクションを参照してください。

前提条件

  • admin 権限を持つユーザーとして Web コンソールにアクセスできること。

手順

  1. Web コンソールから、Administration > Cluster Settings をクリックし、 Overview タブの内容を確認します。
  2. 実稼働クラスターの場合、CHANNELstable-4.3 などの現在のマイナーバージョンの正しいチャネルに設定されていることを確認します。

    重要

    実稼働クラスターの場合、stable-* または fast-* チャネルにサブスクライブする必要があります。

    • UPDATE STATUSUpdates Available ではない場合、クラスターをアップグレードすることはできません。
    • DESIRED VERSION は、クラスターが実行されているか、または更新されるクラスターのバージョンを示します。
  3. Updates Availableをクリックし、利用可能な最新バージョンを選択し、Updateをクリックします。UPDATE STATUSUpdating に切り替わり、Cluster Operators タブで Operator のアップグレードの進捗を確認できます。
  4. OpenShift Container Platform 4.2 以前から本リリースにアップグレードする場合、アップグレードの完了後にすべての Pod を再起動する必要があります。OpenShift CLI(oc)を必要とする以下のコマンドを使用してこれを実行できます。

    $ for I in $(oc get ns -o jsonpath='{range .items[*]} {.metadata.name}{"\n"} {end}'); \
          do oc delete pods --all -n $I; \
          sleep 1; \
          done
    注記

    OpenShift Container Platform 4.3.5 の時点で、サービス CA は 自動的にローテーションされるため、すべての Pod を再起動する必要があります。サービス CA はアップグレード時にローテーションされ、その後再起動して、以前のサービス CA の期限が切れる前にすべてのサービスが新しいサービス CA を使用していることを確認する必要があります。

    この 1 回で実行される手動による再起動の後、後続のアップグレードおよびローテーションにより、サービス CA の期限が切れる前に手動の介入なしの再起動が行われます。

  5. 更新が完了し、Cluster Version Operator が利用可能な更新を更新したら、追加の更新が現在のチャネルで利用可能かどうかを確認します。

    • 更新が利用可能な場合は、更新ができなくなるまで、現在のチャネルでの更新を継続します。
    • 利用可能な更新がない場合は、CHANNEL を次のマイナーバージョンの stable-* または fast-* チャネルに切り替え、そのチャネルで必要なバージョンに更新します。

    必要なバージョンに達するまで、いくつかの中間更新を実行する必要がある場合があります。