2.2. Red Hat サポート用のクラスターについてのデータの収集

oc adm must-gather CLI コマンドを使用して、クラスターについてのデバッグ情報を収集できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。
  • OpenShift Container Platform CLI(oc)がインストールされていること。

手順

  1. must-gather データを保存するディレクトリーに移動します。
  2. oc adm must-gather コマンドを実行します。

    $ oc adm must-gather
    注記

    このコマンドが失敗する場合 (クラスターで Pod をスケジュールできない場合など)、oc adm inspect コマンドを使用して特定リソースについての情報を収集します。収集する推奨リソースについては、Red Hat サポートにお問い合わせください。

    注記

    クラスターがネットワークが制限された環境を使用している場合、oc adm must-gather コマンドを実行する前に、デフォルトの must-gatherイメージをインポートする必要があります。

    $ oc import-image is/must-gather -n openshift
  3. 作業ディレクトリーに作成された must-gather ディレクトリーから圧縮ファイルを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar cvaf must-gather.tar.gz must-gather.local.5421342344627712289/ 1
    1
    must-gather-local.5421342344627712289/ を実際のディレクトリー名に置き換えてください。
  4. 圧縮ファイルを Red Hat カスタマーポータル上のサポートケースに添付します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。