3.2. リモートヘルスモニタリングによって収集されるデータの表示

管理者は、Telemetry および Insights Operator によって収集されるメトリクスを確認できます。

3.2.1. Telemetry によって収集されるデータの表示

Telemetry でキャプチャーされるクラスターとコンポーネントの時系列データを表示することができます。

前提条件

  • oc として知られる OpenShift コマンドラインインターフェース (CLI) のインストール。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにログインする必要があります。

手順

  1. OpenShift Container Platform クラスターで実行される Prometheus サービスの URL を見つけます。

    $ oc get route prometheus-k8s -n openshift-monitoring -o jsonpath="{.spec.host}"
  2. URL に移動します。
  3. このクエリーを Expression 入力ボックスに入力し、Execute を押します。

    {__name__="up"} or {__name__="cluster_version"} or {__name__="cluster_version_available_updates"} or {__name__="cluster_operator_up"} or {__name__="cluster_operator_conditions"} or {__name__="cluster_version_payload"} or {__name__="cluster_version_payload_errors"} or {__name__="instance:etcd_object_counts:sum"} or {__name__="ALERTS",alertstate="firing"} or {__name__="code:apiserver_request_count:rate:sum"} or {__name__="kube_pod_status_ready:etcd:sum"} or {__name__="kube_pod_status_ready:image_registry:sum"} or {__name__="cluster:capacity_cpu_cores:sum"} or {__name__="cluster:capacity_memory_bytes:sum"} or {__name__="cluster:cpu_usage_cores:sum"} or {__name__="cluster:memory_usage_bytes:sum"} or {__name__="openshift:cpu_usage_cores:sum"} or {__name__="openshift:memory_usage_bytes:sum"} or {__name__="cluster:node_instance_type_count:sum"}

    このクエリーは、Telemetry が実行中の OpenShift Container Platform クラスターの Prometheus サービスに対して行う要求をレプリケートし、Telemetry によってキャプチャーされる時系列の完全なセットを返します。

3.2.2. Insights Operator によって収集されるデータの表示

Insights Operator で収集されるデータを確認することができます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。

手順

  1. Insights Operator の現在実行中の Pod の名前を検索します。

    $ INSIGHTS_OPERATOR_POD=$(oc get pods --namespace=openshift-insights -o custom-columns=:metadata.name --no-headers  --field-selector=status.phase=Running)
  2. Insights Operator で収集される最近のデータアーカイブをコピーします。

    $ oc cp openshift-insights/$INSIGHTS_OPERATOR_POD:/var/lib/insights-operator ./insights-data

最近の Insights Operator アーカイブが insights-data ディレクトリーで利用可能になります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。