Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.3. イメージレジストリー Operator の設定パラメーター

configs.imageregistry.operator.openshift.io リソースは以下の設定パラメーターを提供します。

パラメーター説明

managementState

Managed: Operator は、設定リソースが更新されるとレジストリーを更新します。

Unmanaged: Operator は設定リソースへの変更を無視します。

Removed: Operator はレジストリーインスタンスを取り除き、Operator がプロビジョニングしたすべてのストレージを削除します。

logging

レジストリーインスタンスの loglevel を設定します。

httpSecret

デフォルトで生成されるアップロードのセキュリティーを保護するためにレジストリーで必要な値。

proxy

マスター API およびアップストリームレジストリーの呼び出し時に使用されるプロキシーを定義します。

storage

Storagetype: レジストリーストレージを設定するための詳細。たとえば、S3 バケットの位置情報 (coordinate) など。通常はデフォルトで設定されます。

readOnly

レジストリーインスタンスが新規イメージのプッシュや既存イメージの削除の試行を拒否するかどうかを示します。

requests

API 要求の制限の詳細。指定されたレジストリーインスタンスが追加リソースをキューに入れる前に処理する並列要求の数を制御します。

defaultRoute

外部ルートがデフォルトのホスト名を使用して定義されるかどうかを決定します。これが有効にされている場合、ルートは re-encrypt 暗号を使用します。デフォルトは false に設定されます。

routes

作成する追加ルートの配列。ルートにホスト名および証明書を指定します。

replicas

レジストリーのレプリカ数。