Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. GCP のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーのレジストリーの設定

3.2.1. イメージレジストリー Operator のシークレットの設定

configs.imageregistry.operator.openshift.io および ConfigMap リソースのほかにも、openshift-image-registry namespace 内の別のシークレットリソースによって設定が Operator に提供されます。

image-registry-private-configuration-user シークレットは、ストレージのアクセスおよび管理に必要な認証情報を提供します。これは、デフォルト認証情報が見つからない場合に Operator によって使用されるデフォルト認証情報を上書きします。

GCP ストレージ上の GCS の場合、シークレットには、GCP が提供する認証情報ファイルの内容に相当するキーが含まれることが予想されます。

  • REGISTRY_STORAGE_GCS_KEYFILE

手順

  • 必要なキーが含まれる OpenShift Container Platform シークレットを作成します。

    $ oc create secret generic image-registry-private-configuration-user --from-file=REGISTRY_STORAGE_GCS_KEYFILE=<path_to_keyfile> --namespace openshift-image-registry

3.2.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーでの GCP のレジストリーストレージ

ストレージメディアは手動で設定し、レジストリー CRD で設定を行う必要があります。

前提条件

  • ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーのある GCP 上のクラスター。
  • GCP のレジストリーストレージを設定するには、レジストリー Operator クラウド認証情報を指定する必要があります。
  • GCP ストレージ上の GCS の場合、シークレットには、GCP が提供する認証情報ファイルの内容に相当するキーが含まれることが予想されます。

    • REGISTRY_STORAGE_GCS_KEYFILE

3.2.3. GCP GCS のイメージレジストリー Operator 設定パラメーター。

手順

以下の設定パラメーターは、GCP GCS レジストリーストレージに利用できます。

パラメーター説明

bucket

バケットは、レジストリーのデータを保存するバケット名です。これはオプションであり、指定されていない場合は生成されます。

region

リージョンは、バケットが存在する GCS の場所です。これはオプションであり、インストールされている GCS リージョンに基づいて設定されます。

projectID

ProjectID は、このバケットが関連付けられる必要がある GCP プロジェクトのプロジェクト ID です。これはオプションです。

keyID

KeyID は、暗号化に使用する KMS キー ID です。バケットは GCP でデフォルトで暗号化されているため、これはオプションになります。これにより、カスタム暗号化キーを使用できます。