Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.3. ベアメタルのレジストリーの設定

3.3.1. インストール時に削除されたイメージレジストリー

共有可能なオブジェクトストレージを提供しないプラットフォームでは、OpenShift イメージレジストリー Operator 自体が Removed としてブートストラップされます。これにより、openshift-installer がそれらのプラットフォームタイプでのインストールを完了できます。

インストール後に、イメージレジストリー Operator 設定を編集して managementStateRemoved から Managed に切り替える必要があります。

注記

Prometheus コンソールは、以下のような ImageRegistryRemoved アラートを提供します。

"Image Registry has been removed.ImageStreamTags, BuildConfigs and DeploymentConfigs which reference ImageStreamTags may not work as expected.Please configure storage and update the config to Managed state by editing configs.imageregistry.operator.openshift.io."

3.3.2. イメージレジストリーの管理状態の変更

イメージレジストリーを起動するには、イメージレジストリー Operator 設定の managementStateRemoved から Managed に変更する必要があります。

手順

  • ManagementState イメージレジストリー Operator 設定を Removed から Managed に変更します。以下は例になります。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io cluster --type merge --patch '{"spec":{"managementState":"Managed"}}'

3.3.3. イメージレジストリーストレージの設定

Image-registry Operator は、デフォルトストレージを提供しないプラットフォームでは最初は利用できません。インストール後に、レジストリー Operator を使用できるようにレジストリーをストレージを使用するように設定する必要があります。

実稼働クラスターに必要な PersistentVolume の設定方法と、実稼働用ではないクラスターにのみ使用できる空のディレクトリーをストレージの場所として設定する方法が表示されます。

3.3.4. ベアメタルの場合のレジストリーストレージの設定

クラスター管理者は、インストール後にレジストリーをストレージを使用できるように設定する必要があります。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッション。
  • ベアメタル上のクラスター。
  • Red Hat OpenShift Container Storage などのクラスターの永続ストレージをプロビジョニングします。プライベートイメージレジストリーをデプロイするには、ストレージで ReadWriteMany アクセスモードを指定する必要があります。
  • 容量は「100Gi」以上である。

手順

  1. レジストリーをストレージを使用できるように設定するには、configs.imageregistry/cluster リソースの spec.storage.pvc を変更します。

    注記

    NFS などの共有ストレージを使用する場合は、fsGroup ID ではなく、セキュリティーコンテキストの許可される補助グループを定める supplementalGroups ストラテジーを使用することが強く推奨されます。詳細は、NFS の グループ ID についてのドキュメントを参照してください。

  2. レジストリー Pod がないことを確認します。

    $ oc get pod -n openshift-image-registry
    注記
    • ストレージタイプが emptyDIR の場合、レプリカ数が 1 を超えることはありません。
    • ストレージタイプが NFS の場合、no_wdelay および root_squash マウントオプションを有効にする必要があります。以下は例になります。

      # cat /etc/exports
      /mnt/data *(rw,sync,no_wdelay,root_squash,insecure,fsid=0)
      sh-4.3# exportfs -rv
      exporting *:/mnt/data
  3. レジストリー設定を確認します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io
    
    storage:
      pvc:
        claim:

    claim フィールドを空のままにし、image-registry-storage PVC の自動作成を可能にします。

  4. clusteroperator ステータスを確認します。

    $ oc get clusteroperator image-registry

NFS にアクセスするために補助グループを仕様する方法についての詳細は、グループ ID について参照してください。

3.3.5. 実稼働以外のクラスターでのイメージレジストリーのストレージの設定

イメージレジストリー Operator のストレージを設定する必要があります。実稼働用以外のクラスターの場合、イメージレジストリーは空のディレクトリーに設定することができます。これを実行する場合、レジストリーを再起動するとすべてのイメージが失われます。

手順

  • イメージレジストリーストレージを空のディレクトリーに設定するには、以下を実行します。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io cluster --type merge --patch '{"spec":{"storage":{"emptyDir":{}}}}'
    警告

    実稼働用以外のクラスターにのみこのオプションを設定します。

    イメージレジストリー Operator がそのコンポーネントを初期化する前にこのコマンドを実行する場合、oc patch コマンドは以下のエラーを出して失敗します。

    Error from server (NotFound): configs.imageregistry.operator.openshift.io "cluster" not found

    数分待機した後に、このコマンドを再び実行します。

3.3.6. 追加リソース

ベアメタルの場合のレジストリーストレージの設定方法についての詳細は、「Recommended configurable storage technology」を参照してください。