Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 OpenShift Container Platform のイメージレジストリー Operator

2.1. クラウドプラットフォームおよび OpenStack のイメージレジストリー

イメージレジストリー Operator は、OpenShift Container Platform レジストリーの単一インスタンスをインストールし、レジストリーストレージのセットアップを含む、レジストリーのすべての設定を管理します。

注記

ストレージは、AWS、GCP、Azure または OpenStack にインストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャークラスターをインストールする場合にのみ自動的に設定されます。

コントロールプレーンのデプロイ後、Operator はクラスターで検出される設定に基づいてデフォルトの configs.imageregistry.operator.openshift.io リソースインスタンスを作成します。

完全な configs.imageregistry.operator.openshift.io リソースを定義するのに利用できる情報が十分にない場合、その不完全なリソースが定義され、Operator は足りない情報を示す情報を使ってリソースのステータスを更新します。

イメージレジストリー Operator は openshift-image-registry namespace で実行され、その場所のレジストリーインスタンスも管理します。レジストリーのすべての設定およびワークロードリソースはその namespace に置かれます。