5.7. カスタムデフォルト証明書の設定

管理者として、 Secret リソースを作成し、IngressController カスタムリソース (CR) を編集して Ingress コントローラーがカスタム証明書を使用するように設定できます。

前提条件

  • PEM エンコードされたファイルに証明書/キーのペアがなければなりません。ここで、証明書は信頼される認証局またはカスタム PKI で設定されたプライベートの信頼される認証局で署名されます。
  • 証明書が Ingress ドメインに対して有効である必要があります。
  • IngressController CR がなければなりません。デフォルトの CR を使用できます。

    $ oc --namespace openshift-ingress-operator get ingresscontrollers

    出力例

    NAME      AGE
    default   10m

注記

中間証明書がある場合、それらはカスタムデフォルト証明書が含まれるシークレットの tls.crt ファイルに組み込まれる必要があります。証明書を指定する際の順序は重要になります。サーバー証明書の後に中間証明書を一覧表示します。

手順

以下では、カスタム証明書とキーのペアが、現在の作業ディレクトリーの tls.crt および tls.key ファイルにあることを前提とします。tls.crt および tls.key を実際のパス名に置き換えます。さらに、 Secret リソースを作成し、これを IngressController CR で参照する際に、custom-certs-default を別の名前に置き換えます。

注記

このアクションにより、Ingress コントローラーはデプロイメントストラテジーを使用して再デプロイされます。

  1. tls.crt および tls.key ファイルを使用して、カスタム証明書を含む Secret リソースを openshift-ingress namespace に作成します。

    $ oc --namespace openshift-ingress create secret tls custom-certs-default --cert=tls.crt --key=tls.key
  2. IngressController CR を、新規証明書シークレットを参照するように更新します。

    $ oc patch --type=merge --namespace openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default \
      --patch '{"spec":{"defaultCertificate":{"name":"custom-certs-default"}}}'
  3. 更新が正常に行われていることを確認します。

    $ oc get --namespace openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default \
      --output jsonpath='{.spec.defaultCertificate}'

    出力例

    map[name:custom-certs-default]

    証明書シークレットの名前は、CR を更新するために使用された値に一致する必要があります。

IngressController CR が変更された後に、Ingress Operator はカスタム証明書を使用できるように Ingress コントローラーのデプロイメントを更新します。