6.7. ネットワークポリシーを使用したマルチテナントモードの設定

クラスター管理者は、マルチテナントネットワークの分離を実行するようにネットワークポリシーを設定できます。

6.7.1. NetworkPolicy を使用したマルチテナント分離の設定

他のプロジェクト namespace の Pod およびサービスから分離できるようにプロジェクトを設定できます。

前提条件

  • クラスターは、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするデフォルトの CNI ネットワークプロバイダーを使用している(例 mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。

手順

  1. 以下の NetworkPolicy オブジェクトを作成します。

    1. allow-from-openshift-ingress という名前のポリシー:

      $ cat << EOF| oc create -f -
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      kind: NetworkPolicy
      metadata:
        name: allow-from-openshift-ingress
      spec:
        ingress:
        - from:
          - namespaceSelector:
              matchLabels:
                network.openshift.io/policy-group: ingress
        podSelector: {}
        policyTypes:
        - Ingress
      EOF
    2. allow-from-openshift-monitoring という名前のポリシー。

      $ cat << EOF| oc create -f -
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      kind: NetworkPolicy
      metadata:
        name: allow-from-openshift-monitoring
      spec:
        ingress:
        - from:
          - namespaceSelector:
              matchLabels:
                network.openshift.io/policy-group: monitoring
        podSelector: {}
        policyTypes:
        - Ingress
      EOF
    3. allow-same-namespace という名前のポリシー:

      $ cat << EOF| oc create -f -
      kind: NetworkPolicy
      apiVersion: networking.k8s.io/v1
      metadata:
        name: allow-same-namespace
      spec:
        podSelector:
        ingress:
        - from:
          - podSelector: {}
      EOF
  2. default Ingress コントローラー設定に spec.endpointPublishingStrategy: HostNetwork の値が設定されている場合、ラベルを default OpenShift Container Platform namespace に適用し、Ingress コントローラーとプロジェクト間のネットワークトラフィックを許可する必要があります。

    1. default Ingress コントローラーが HostNetwork エンドポイント公開ストラテジーを使用するかどうかを判別します。

      $ oc get --namespace openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default \
        --output jsonpath='{.status.endpointPublishingStrategy.type}'
    2. 直前のコマンドによりエンドポイント公開ストラテジーが HostNetworkとして報告される場合には、default namespace にラベルを設定します。

      $ oc label namespace default 'network.openshift.io/policy-group=ingress'
  3. 以下のコマンドを実行し、NetworkPolicy オブジェクトが現在のプロジェクトに存在することを確認します。

    $ oc get networkpolicy <policy-name> -o yaml

    以下の例では、allow-from-openshift-ingress NetworkPolicy オブジェクトが表示されています。

    $ oc get -n project1 networkpolicy allow-from-openshift-ingress -o yaml

    出力例

    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    kind: NetworkPolicy
    metadata:
      name: allow-from-openshift-ingress
      namespace: project1
    spec:
      ingress:
      - from:
        - namespaceSelector:
            matchLabels:
              network.openshift.io/policy-group: ingress
      podSelector: {}
      policyTypes:
      - Ingress

6.7.2. 次のステップ