8.2. SR-IOV ネットワーク Operator のインストール

Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) ネットワーク Operator をクラスターにインストールし、SR-IOV ネットワークデバイスとネットワークの割り当てを管理できます。

8.2.1. SR-IOV ネットワーク Operator のインストール

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform CLI または Web コンソールを使用して SR-IOV ネットワーク Operator をインストールできます。

8.2.1.1. CLI: SR-IOV ネットワーク Operator のインストール

クラスター管理者は、CLI を使用して Operator をインストールできます。

前提条件

  • SR-IOV に対応するハードウェアを持つノードでベアメタルハードウェアにインストールされたクラスター。
  • OpenShift CLI (oc) のインストール。
  • cluster-admin 権限を持つアカウント。

手順

  1. openshift-sriov-network-operator namespace を作成するには、以下のコマンドを入力します。

    $ cat << EOF| oc create -f -
    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-sriov-network-operator
      labels:
        openshift.io/run-level: "1"
    EOF
  2. OperatorGroup CR を作成するには、以下のコマンドを実行します。

    $ cat << EOF| oc create -f -
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: sriov-network-operators
      namespace: openshift-sriov-network-operator
    spec:
      targetNamespaces:
      - openshift-sriov-network-operator
    EOF
  3. SR-IOV ネットワーク Operator にサブスクライブします。

    1. 以下のコマンドを実行して OpenShift Container Platform のメジャーおよびマイナーバージョンを取得します。これは、次の手順の channel の値に必要です。

      $ OC_VERSION=$(oc version -o yaml | grep openshiftVersion | \
          grep -o '[0-9]*[.][0-9]*' | head -1)
    2. SR-IOV ネットワーク Operator の Subscription CR を作成するには、以下のコマンドを入力します。

      $ cat << EOF| oc create -f -
      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: sriov-network-operator-subscription
        namespace: openshift-sriov-network-operator
      spec:
        channel: "${OC_VERSION}"
        name: sriov-network-operator
        source: redhat-operators
        sourceNamespace: openshift-marketplace
      EOF
  4. Operator がインストールされていることを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get csv -n openshift-sriov-network-operator \
      -o custom-columns=Name:.metadata.name,Phase:.status.phase

    出力例

    Name                                        Phase
    sriov-network-operator.4.4.0-202006160135   Succeeded

8.2.1.2. Web コンソール: SR-IOV ネットワーク Operator のインストール

クラスター管理者は、Web コンソールを使用して Operator をインストールできます。

注記

CLI を使用して OperatorGroup CR を作成する必要があります。

前提条件

  • SR-IOV に対応するハードウェアを持つノードでベアメタルハードウェアにインストールされたクラスター。
  • OpenShift CLI (oc) のインストール。
  • cluster-admin 権限を持つアカウント。

手順

  1. SR-IOV ネットワーク Operator の namespace を作成します。

    1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、AdministrationNamespaces をクリックします。
    2. Create Namespace をクリックします。
    3. Name フィールドに openshift-sriov-network-operator を入力し、Create をクリックします。
    4. Filter by name フィールドに、openshift-sriov-network-operator を入力します。
    5. 結果の一覧から openshift-sriov-network-operator をクリックした後、YAML をクリックします。
    6. namespace 定義に以下のスタンザを追加して namespace を更新します。

        labels:
          openshift.io/run-level: "1"
    7. Save をクリックします。
  2. SR-IOV ネットワーク Operator をインストールします。

    1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、OperatorsOperatorHub をクリックします。
    2. 利用可能な Operator の一覧から SR-IOV Network Operator を選択してから Install をクリックします。
    3. Create Operator Subscription ページの A specific namespace on the cluster の下で、openshift-sriov-network-operator を選択します。
    4. Subscribe をクリックします。
  3. SR-IOV ネットワーク Operator が正常にインストールされていることを確認します。

    1. OperatorsInstalled Operators ページに移動します。
    2. StatusInstallSucceeded の状態で、SR-IOV Network Operatoropenshift-sriov-network-operator プロジェクトに一覧表示されていることを確認します。

      注記

      インストール時に、 Operator は Failed ステータスを表示する可能性があります。インストールが後に InstallSucceeded メッセージを出して正常に実行される場合は、Failed メッセージを無視できます。

      Operator がインストール済みとして表示されない場合に、さらにトラブルシューティングを実行します。

      • Operator Subscriptions および Install Plans タブで、Status の下の失敗またはエラーの有無を確認します。
      • WorkloadsPods ページに移動し、openshift-sriov-network-operator プロジェクトで Pod のログを確認します。

8.2.2. 次のステップ