12.3. ポリシーオブジェクトの例

以下に続く例では、複数のポリシー設定の例を示します。

  • 以下の例では、ポリシーは OpenShift Container Platform が外部 IP アドレスが指定されたサービスを作成するのを防ぎます。

    サービスの spec.externalIPs[] に指定された値を拒否するポリシーの例

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      externalIP:
        policy: {}
      ...

  • 以下の例では、allowedCIDRs および rejectedCIDRs フィールドの両方が設定されます。

    許可される、および拒否される CIDR ブロックの両方を含むポリシーの例

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      externalIP:
        policy:
          allowedCIDRs:
          - 172.16.66.10/23
          rejectedCIDRs:
          - 172.16.66.10/24
      ...

  • 以下の例では、policynull に設定されます。null に設定されている場合、oc get networks.config.openshift.io -o yaml を入力して設定オブジェクトを検査する際に、policy フィールドは出力に表示されません。

    サービスの spec.externalIPs[] に指定された値を許可するポリシーの例

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      externalIP:
        policy: null
      ...