7.2. Pod の追加のネットワークへの割り当て

クラスターユーザーとして、Pod を追加のネットワークに割り当てることができます。

7.2.1. Pod の追加ネットワークへの追加

Pod を追加のネットワークに追加できます。Pod は、デフォルトネットワークで通常のクラスター関連のネットワークトラフィックを継続的に送信します。

Pod が作成されると、追加のネットワークが割り当てられます。ただし、Pod がすでに存在する場合は、追加のネットワークをこれに割り当てることはできません。

前提条件

  • Pod が追加ネットワークと同じ namespace にあること。
  • OpenShift CLI (oc) のインストール。
  • クラスターにログインすること。

手順

  1. アノテーションを Pod オブジェクトに追加します。以下のアノテーション形式のいずれかのみを使用できます。

    1. カスタマイズせずに追加ネットワークを割り当てるには、以下の形式でアノテーションを追加します。<network> を、Pod に関連付ける追加ネットワークの名前に置き換えます。

      metadata:
        annotations:
          k8s.v1.cni.cncf.io/networks: <network>[,<network>,...] 1
      1
      複数の追加ネットワークを指定するには、各ネットワークをカンマで区切ります。カンマの間にはスペースを入れないでください。同じ追加ネットワークを複数回指定した場合、Pod は複数のネットワークインターフェースをそのネットワークに割り当てます。
    2. カスタマイズして追加のネットワークを割り当てるには、以下の形式でアノテーションを追加します。

      metadata:
        annotations:
          k8s.v1.cni.cncf.io/networks: |-
            [
              {
                "name": "<network>", 1
                "namespace": "<namespace>", 2
                "default-route": ["<default-route>"] 3
              }
            ]
      1
      NetworkAttachmentDefinition CR によって定義される追加のネットワークの名前を指定します。
      2
      NetworkAttachmentDefinition CR が定義される namespace を指定します。
      3
      オプション: 192.168.17.1 などのデフォルトルートのオーバーライドを指定します。
  2. Pod を作成するには、以下のコマンドを入力します。<name> を Pod の名前に置き換えます。

    $ oc create -f <name>.yaml
  3. オプション: アノテーションが Pod CR に存在することを確認するには、<name> を Pod の名前に置き換えて、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get pod <name> -o yaml

    以下の例では、example-pod Pod が追加ネットワークの net1 に割り当てられています。

    $ oc get pod example-pod -o yaml
    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: macvlan-bridge
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks-status: |- 1
          [{
              "name": "openshift-sdn",
              "interface": "eth0",
              "ips": [
                  "10.128.2.14"
              ],
              "default": true,
              "dns": {}
          },{
              "name": "macvlan-bridge",
              "interface": "net1",
              "ips": [
                  "20.2.2.100"
              ],
              "mac": "22:2f:60:a5:f8:00",
              "dns": {}
          }]
      name: example-pod
      namespace: default
    spec:
      ...
    status:
      ...
    1
    k8s.v1.cni.cncf.io/networks-status パラメーターは、オブジェクトの JSON 配列です。各オブジェクトは、Pod に割り当てられる追加のネットワークのステータスについて説明します。アノテーションの値はプレーンテキストの値として保存されます。

7.2.1.1. Pod 固有のアドレスおよびルーティングオプションの指定

Pod を追加のネットワークに割り当てる場合、特定の Pod でそのネットワークに関するその他のプロパティーを指定する必要がある場合があります。これにより、ルーティングの一部を変更することができ、静的 IP アドレスおよび MAC アドレスを指定できます。これを実行するには、JSON 形式のアノテーションを使用できます。

前提条件

  • Pod が追加ネットワークと同じ namespace にあること。
  • OpenShift コマンドラインインターフェース (oc) のインストール。
  • クラスターにログインすること。

手順

アドレスおよび/またはルーティングオプションを指定する間に Pod を追加のネットワークに追加するには、以下の手順を実行します。

  1. Pod リソース定義を編集します。既存の Pod を編集する場合は、以下のコマンドを実行してデフォルトエディターでその定義を編集します。<name> を、編集する Pod の名前に置き換えます。

    $ oc edit pod <name>
  2. Pod リソース定義で、k8s.v1.cni.cncf.io/networks パラメーターを Pod の metadata マッピングに追加します。k8s.v1.cni.cncf.io/networks は、追加のプロパティーを指定するだけでなく、NetworkAttachmentDefinition カスタムリソース (CR) 名を参照するオブジェクト一覧の JSON 文字列を受け入れます。

    metadata:
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: '[<network>[,<network>,...]]' 1
    1
    <network> を、以下の例にあるように JSON オブジェクトに置き換えます。一重引用符が必要です。
  3. 以下の例では、アノテーションで default-route パラメーターを使用して、デフォルトルートを持つネットワーク割り当てを指定します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: example-pod
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: '
        {
          "name": "net1"
        },
        {
          "name": "net2", 1
          "default-route": ["192.0.2.1"] 2
        }'
    spec:
      containers:
      - name: example-pod
        command: ["/bin/bash", "-c", "sleep 2000000000000"]
        image: centos/tools
    1
    name キーは、Pod に関連付ける追加ネットワークの名前です。
    2
    default-route キーは、ルーティングテーブルに他のルーティングテーブルがない場合に、ルーティングされるトラフィックに使用されるゲートウェイ値を指定します。複数の default-route キーを指定すると、Pod がアクティブでなくなります。

デフォルトのルートにより、他のルートに指定されていないトラフィックがゲートウェイにルーティングされます。

重要

OpenShift Container Platform のデフォルトのネットワークインターフェース以外のインターフェースへのデフォルトのルートを設定すると、Pod 間のトラフィックについて予想されるトラフィックが別のインターフェースでルーティングされる可能性があります。

Pod のルーティングプロパティーを確認する場合、oc コマンドを Pod 内で ip コマンドを実行するために使用できます。

$ oc exec -it <pod_name> -- ip route
注記

また、Pod の k8s.v1.cni.cncf.io/networks-status を参照して、JSON 形式の一覧のオブジェクトで default-route キーの有無を確認し、デフォルトルートが割り当てられている追加ネットワークを確認することができます。

Pod に静的 IP アドレスまたは MAC アドレスを設定するには、JSON 形式のアノテーションを使用できます。これには、この機能をとくに許可するネットワークを作成する必要があります。これは、CNO の rawCNIConfig で指定できます。

  1. 以下のコマンドを実行して CNO CR を編集します。

    $ oc edit networks.operator.openshift.io cluster

以下の YAML は、CNO の設定パラメーターについて説明しています。

Cluster Network Operator YAML の設定

name: <name> 1
namespace: <namespace> 2
rawCNIConfig: '{ 3
  ...
}'
type: Raw

1
作成している追加ネットワーク割り当ての名前を指定します。名前は指定された namespace 内で一意である必要があります。
2
ネットワークの割り当てを作成する namespace を指定します。値を指定しない場合、default の namespace が使用されます。
3
以下のテンプレートに基づく CNI プラグイン設定を JSON 形式で指定します。

以下のオブジェクトは、macvlan CNI プラグインを使用して静的 MAC アドレスと IP アドレスを使用するための設定パラメーターについて説明しています。

静的 IP および MAC アドレスを使用した macvlan CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト

{
  "cniVersion": "0.3.1",
  "plugins": [{ 1
      "type": "macvlan",
      "capabilities": { "ips": true }, 2
      "master": "eth0", 3
      "mode": "bridge",
      "ipam": {
        "type": "static"
      }
    }, {
      "capabilities": { "mac": true }, 4
      "type": "tuning"
    }]
}

1
plugins フィールドは CNI 設定の設定一覧を指定します。
2
capabilities キーは、CNI プラグインのランタイム設定の静的 IP 機能を有効にするために要求が行われていることを示します。
3
master フィールドは macvlan プラグインに固有のフィールドです。
4
ここで、capabilities キーは、CNI プラグインの静的 MAC アドレス機能を有効にするために要求が行われていることを示します。

上記のネットワーク割り当ては、特定の Pod に割り当てられる静的 IP アドレスと MAC アドレスを指定するキーと共に、JSON 形式のアノテーションで参照できます。

以下を実行して必要な Pod を編集します。

$ oc edit pod <name>

静的 IP および MAC アドレスを使用した macvlan CNI プラグイン JSON 設定オブジェクト

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
  name: example-pod
  annotations:
    k8s.v1.cni.cncf.io/networks: '[
      {
        "name": "<name>", 1
        "ips": [ "192.0.2.205/24" ], 2
        "mac": "CA:FE:C0:FF:EE:00" 3
      }
    ]'

1
上記の rawCNIConfig を作成する際に、指定されるように <name> を使用します。
2
必要な IP アドレスを指定します。
3
必要な MAC アドレスを指定します。
注記

静的 IP アドレスおよび MAC アドレスを同時に使用することはできません。これらは個別に使用することも、一緒に使用することもできます。

追加のネットワークを持つ Pod の IP アドレスと MAC プロパティーを検証するには、oc コマンドを使用して Pod 内で ip コマンドを実行します。

$ oc exec -it <pod_name> -- ip a