第2章 独自のサービスのモニタリング

クラスターのモニタリングに加えて、独自のサービスについて OpenShift Monitoring を使用できます。これを使用することにより、追加のモニタリングソリューションを使用する必要はありません。また、これはモニタリングの一元化に役立ちます。さらに、サービスのメトリクスへのアクセスを、クラスター管理者以外にも拡張できます。これにより、開発者および任意のユーザーがこれらのメトリクスにアクセスできます。

注記

独自のサービスのモニタリングへのオプトインは、Prometheus Operator のカスタムインストールまたは Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用した Prometheus Operator のインストールと共に実行することはできません。

重要

独自のサービスのモニタリングはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

2.1. 独自のサービスのモニタリングの有効化

独自のサービスのモニタリングを有効にするには、クラスターモニタリング ConfigMap に techPreviewUserWorkload/enabled フラグを設定します。

前提条件

  • cluster-monitoring-config ConfigMap オブジェクトが data/config.yaml セクションに設定されていること。

手順

  1. cluster-monitoring-config ConfigMap の編集を開始します。

    $ oc -n openshift-monitoring edit configmap cluster-monitoring-config
  2. data/config.yamltechPreviewUserWorkload 設定を true に設定します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: cluster-monitoring-config
      namespace: openshift-monitoring
    data:
      config.yaml: |
        techPreviewUserWorkload:
          enabled: true
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。独自のサービスのモニタリングが自動的に有効にされます。
  4. オプション: prometheus-user-workload Pod が作成されていることを確認できます。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pod
    NAME                                   READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    prometheus-operator-85bbb7b64d-7jwjd   1/1     Running   0          3m24s
    prometheus-user-workload-0             5/5     Running   1          3m13s
    prometheus-user-workload-1             5/5     Running   1          3m13s

追加リソース


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。