1.3. クラスターアラートの管理

OpenShift Container Platform 4.3 は、Alertmanager の Web インターフェースを提供します。これを使用してアラートを管理できます。 このセクションでは、アラート UI を使用する方法について説明します。

1.3.1. アラート UI の内容

このセクションでは、アラート UI、つまり Alertmanager の Web インターフェースの内容について説明します。

アラート UI の主なページとして、AlertsSilences、および YAML というページがあります。

Alerts ページは、OpenShift Container Platform Web コンソールの MonitoringAlertingAlerts をクリックしてアクセスできます。

アラートスクリーンのモニタリング
  1. 名前によるアラートのフィルター。
  2. 状態によるアラートのフィルター。アラートを実行するには、一部のアラートにおいて、タイムアウトの間に特定の条件が true である必要があります。アラートの条件が現時点で true であるが、タイムアウトに達していない場合、このアラートは Pending 状態になります。
  3. アラート名。
  4. アラートの説明。
  5. アラートの現在の状態と、アラートがこの状態に切り替わった時。
  6. アラートの重大度レベルの値。
  7. アラートに関して実行できるアクション。

Silences ページは、OpenShift Container Platform Web コンソールの MonitoringAlertingSilences をクリックしてアクセスできます。

サイレンス画面のモニタリング
  1. アラートのサイレンスの作成。
  2. 名前によるサイレンスのフィルター。
  3. 状態によるサイレンスのフィルター。サイレンスが保留中の場合、これは後で開始するようにスケジュールされているため、アクティブな状態ではありません。また、サイレンスの期間が過ぎると、終了時間に達したためにアクティブでなくなります。
  4. サイレンスの説明。これには、一致するアラートの仕様も含まれます。
  5. サイレンスの現在の状態。サイレンスがアクティブな場合は終了時間を示し、保留状態の場合は、開始時間を示します。
  6. サイレンス機能によってサイレンスにされているアラート数。
  7. サイレンスに関して実行できるアクション。

YAML ページには、OpenShift Container Platform Web コンソールの MonitoringAlertingYAML をクリックしてアクセスできます。

yaml 画面のモニタリング
  1. Alertmanager 設定でファイルをアップロードします。
  2. 現在の Alertmanager 設定を検査し、これを編集します。
  3. 更新された Alertmanager 設定を保存します。

また、これらのページのそれぞれのタイトルの横には、古い Alertmanager インターフェースへのリンクがあります。

追加リソース

1.3.2. アラートおよびアラートルールについての情報の取得

アラートを見つけ、アラートおよびその規定するアラートルールについての情報を表示できます。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールを開き、MonitoringAlertingAlerts ページに移動します。
  2. オプション: Filter Alerts by nameフィールドを使用して、名前でアラートをフィルター します。
  3. オプション: 1 つ以上の状態ボタン FiringSilencedPendingNot firing を使用して、状態でアラートをフィルターします。
  4. オプション: 1 つ以上の NameState、および Severity 列ヘッダーをクリックして、アラートを並び替えます。
  5. アラートの表示後に、アラートまたはアラートを規定するアラートルールの詳細のいずれかを表示できます。

    アラートの詳細を表示するには、アラートの名前をクリックします。これは、アラートの詳細を含むページです。

    アラートの概要のモニタリング

    このページには、アラートの時系列を示すグラフがあります。また、以下をはじめとするアラートについての情報も含まれます。

    • アラートを規定するアラートルールへのリンク
    • アラートの説明。

    アラートルールの詳細を表示するには、最後の列のボタンをクリックし、View Alerting Rule を選択します。これは、アラートルールの詳細が含まれるページです。

    アラートルール概要のモニタリング

    このページには、以下をはじめとするアラートルールについての情報が含まれます。

    • アラートルール名、重大度、および説明
    • アラートを発生させるための条件を定義する式
    • アラートを発生させるための条件が true である期間
    • アラートルールに規定される各アラートのグラフ。 アラートを発生させる際に使用する値が表示されます。
    • アラートルールで規定されるすべてのアラートについての表

1.3.3. アラートをサイレンスにする

特定のアラート、または定義する仕様に一致するアラートのいずれかをサイレンスにすることができます。

手順

アラート仕様を作成してアラートのセットをサイレンスにするには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの MonitoringAlertingSilences ページに移動します。
  2. Create Silence をクリックします。
  3. Create Silence フォームにデータを設定します。
  4. サイレンスを作成するには、Create をクリックします。

特定のアラートをサイレンスにするには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの MonitoringAlertingAlerts ページに移動します。
  2. サイレンスにする必要のあるアラートについて、最後の列のボタンをクリックし、Silence Alert をクリックします。Create Silence フォームが、選択したアラートの事前にデータが設定された仕様と共に表示されます。
  3. オプション: サイレンスを変更します。
  4. サイレンスを作成するには、Create をクリックします。

1.3.4. サイレンスについての情報の取得

サイレンスを検索し、その詳細状態を表示できます。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールを開き、MonitoringAlertingSilences ページに移動します。
  2. オプション: Filter Silences by name フィールドを使用して、名前でサイレンスをフィルターします。
  3. オプション: 1 つ以上の状態ボタン ActivePendingExpired を使用して、状態でサイレンスをフィルターします。
  4. オプション: 1 つ以上の NameState、および Firing alerts 列ヘッダーをクリックしてサイレンスを並び替えます。
  5. サイレンスの表示後、その名前をクリックして、以下をはじめとする詳細情報を確認します。

    • アラート仕様
    • 状態
    • 開始時間
    • 終了時間
    • 発生するアラートの数および一覧

1.3.5. サイレンスの編集

サイレンスは編集することができます。 これにより、既存のサイレンスが期限切れとなり、変更された設定で新規のサイレンスが作成されます。

手順

  1. MonitoringAlertingSilences ページに移動します。
  2. 変更するサイレンスについて、最後の列のボタンをクリックし、Edit silence をクリックします。

    または、特定のサイレンスについて、 Silence Overview 画面で ActionsEdit Silence をクリックできます。

  3. Edit Silence 画面では、変更を入力し、Save ボタンをクリックします。これにより、既存のサイレンスが期限切れとなり、選択された設定でサイレンスが作成されます。

1.3.6. 有効期限切れにするサイレンス

サイレンスは有効期限切れにすることができます。サイレンスはいったん期限切れになると、永久に無効にされます。

手順

  1. MonitoringAlertingSilences ページに移動します。
  2. 期限切れにするサイレンスについては、最後の列のボタンをクリックし、Expire Silence をクリックします。

    または、特定のサイレンスについて、Silence Overview ページで ActionsExpire Silence ボタンをクリックできます。

  3. Expire Silence をクリックして確定します。これにより、サイレンスが期限切れになります。

1.3.7. 次のステップ

クラスターメトリクスを検査します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。