第3章 自動スケーリングのカスタムアプリケーションメトリクスの公開

Horizontal Pod Autoscaler のカスタムアプリケーションメトリクスをエクスポートできます。

重要

Prometheus アダプターはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

3.1. Horizontal Pod Autoscaling のカスタムアプリケーションメトリクスの公開

prometheus-adapter リソースを使用して、Horizontal Pod Autoscaler のカスタムアプリケーションメトリクスを公開できます。

前提条件

  • カスタム Prometheus インスタンスがインストールされていること。この例では、Prometheus が default namespace にインストールされていることが前提になります。
  • アプリケーションのモニタリングを設定されていること。この例では、アプリケーションとそのサービスモニターが default namespace にインストールされていることが前提になります。

手順

  1. 設定の YAML ファイルを作成します。この例では、これは deploy.yaml というファイルになります。
  2. prometheus-adapter のサービスアカウント、必要なロールおよびロールバインディングを作成するための設定を追加します。

    kind: ServiceAccount
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: custom-metrics-apiserver
      namespace: default
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRole
    metadata:
      name: custom-metrics-server-resources
    rules:
    - apiGroups:
      - custom.metrics.k8s.io
      resources: ["*"]
      verbs: ["*"]
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRole
    metadata:
      name: custom-metrics-resource-reader
    rules:
    - apiGroups:
      - ""
      resources:
      - namespaces
      - pods
      - services
      verbs:
      - get
      - list
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRoleBinding
    metadata:
      name: custom-metrics:system:auth-delegator
    roleRef:
      apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
      kind: ClusterRole
      name: system:auth-delegator
    subjects:
    - kind: ServiceAccount
      name: custom-metrics-apiserver
      namespace: default
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: RoleBinding
    metadata:
      name: custom-metrics-auth-reader
      namespace: kube-system
    roleRef:
      apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
      kind: Role
      name: extension-apiserver-authentication-reader
    subjects:
    - kind: ServiceAccount
      name: custom-metrics-apiserver
      namespace: default
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRoleBinding
    metadata:
      name: custom-metrics-resource-reader
    roleRef:
      apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
      kind: ClusterRole
      name: custom-metrics-resource-reader
    subjects:
    - kind: ServiceAccount
      name: custom-metrics-apiserver
      namespace: default
    ---
    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRoleBinding
    metadata:
      name: hpa-controller-custom-metrics
    roleRef:
      apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
      kind: ClusterRole
      name: custom-metrics-server-resources
    subjects:
    - kind: ServiceAccount
      name: horizontal-pod-autoscaler
      namespace: kube-system
    ---
  3. prometheus-adapter のカスタムメトリクスの設定を追加します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: adapter-config
      namespace: default
    data:
      config.yaml: |
        rules:
        - seriesQuery: 'http_requests_total{namespace!="",pod!=""}' 1
          resources:
            overrides:
              namespace: {resource: "namespace"}
              pod: {resource: "pod"}
              service: {resource: "service"}
          name:
            matches: "^(.*)_total"
            as: "${1}_per_second" 2
          metricsQuery: 'sum(rate(<<.Series>>{<<.LabelMatchers>>}[2m])) by (<<.GroupBy>>)'
    ---
    1
    選択したメトリクスが HTTP 要求の数になるように指定します。
    2
    メトリクスの頻度を指定します。
  4. prometheus-adapter を API サービスとして登録するための設定を追加します。

    apiVersion: v1
    kind: Service
    metadata:
      annotations:
        service.alpha.openshift.io/serving-cert-secret-name: prometheus-adapter-tls
      labels:
        name: prometheus-adapter
      name: prometheus-adapter
      namespace: default
    spec:
      ports:
      - name: https
        port: 443
        targetPort: 6443
      selector:
        app: prometheus-adapter
      type: ClusterIP
    ---
    apiVersion: apiregistration.k8s.io/v1beta1
    kind: APIService
    metadata:
      name: v1beta1.custom.metrics.k8s.io
    spec:
      service:
        name: prometheus-adapter
        namespace: default
      group: custom.metrics.k8s.io
      version: v1beta1
      insecureSkipTLSVerify: true
      groupPriorityMinimum: 100
      versionPriority: 100
    ---
  5. 使用する Prometheus アダプターイメージを表示します。

    $ kubectl get -n openshift-monitoring deploy/prometheus-adapter -o jsonpath="{..image}"
    quay.io/openshift-release-dev/ocp-v4.3-art-dev@sha256:76db3c86554ad7f581ba33844d6a6ebc891236f7db64f2d290c3135ba81c264c
  6. prometheus-adapter をデプロイするための設定を追加します。

    apiVersion: apps/v1
    kind: Deployment
    metadata:
      labels:
        app: prometheus-adapter
      name: prometheus-adapter
      namespace: default
    spec:
      replicas: 1
      selector:
        matchLabels:
          app: prometheus-adapter
      template:
        metadata:
          labels:
            app: prometheus-adapter
          name: prometheus-adapter
        spec:
          serviceAccountName: custom-metrics-apiserver
          containers:
          - name: prometheus-adapter
            image: openshift-release-dev/ocp-v4.3-art-dev 1
            args:
            - --secure-port=6443
            - --tls-cert-file=/var/run/serving-cert/tls.crt
            - --tls-private-key-file=/var/run/serving-cert/tls.key
            - --logtostderr=true
            - --prometheus-url=http://prometheus-operated.default.svc:9090/
            - --metrics-relist-interval=1m
            - --v=4
            - --config=/etc/adapter/config.yaml
            ports:
            - containerPort: 6443
            volumeMounts:
            - mountPath: /var/run/serving-cert
              name: volume-serving-cert
              readOnly: true
            - mountPath: /etc/adapter/
              name: config
              readOnly: true
            - mountPath: /tmp
              name: tmp-vol
          volumes:
          - name: volume-serving-cert
            secret:
              secretName: prometheus-adapter-tls
          - name: config
            configMap:
              name: adapter-config
          - name: tmp-vol
            emptyDir: {}
    1
    image: openshift-release-dev/ocp-v4.3-art-dev は、直前の手順にある Prometheus Adapter イメージを指定します。
  7. 設定ファイルをクラスターに適用します。

    $ oc apply -f deploy.yaml
  8. アプリケーションのメトリクスが公開され、Horizontal Pod Autoscaling を設定するために使用できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。