2.6. アラートルールの作成

サービスの選択したメトリクスの値に基づいてアラートを出すアラートルールを作成できます。

注記

現行バージョンのテクノロジープレビューでは、管理者のみが Prometheus UI および Web コンソールを使用してアラートルールにアクセスできます。

手順

  1. アラートルールの YAML ファイルを作成します。この例では、example-app-alerting-rule.yaml という名前です。
  2. アラートルールの設定をファイルに入力します。

    注記

    以下の式は、独自のサービスで公開されるメトリクスのみを参照できます。現時点で、既存のクラスターメトリクスを関連付けることはできません。

    apiVersion: monitoring.coreos.com/v1
    kind: PrometheusRule
    metadata:
      name: example-alert
      namespace: ns1
    spec:
      groups:
      - name: example
        rules:
        - alert: VersionAlert
          expr: version{job="prometheus-example-app"} == 0

    この設定により、example-alert という名前のアラートルールが作成されます。これは、サンプルサービスで公開される version メトリクスが 0 になるとアラートを出します。

  3. 設定ファイルをクラスターに適用します。

    $ oc apply -f example-app-alerting-rule.yaml

    アラートルールの作成には多少時間がかかります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。