12.3. Kibana コンソール表示時の Kubernetes の 503 エラーのトラブルシューティング

Kibana コンソールを表示する時にプロキシーエラーが発生する場合は、2 つの問題のうちのいずれかが原因である可能性があります。

  • Kibana が Pod を認識していない可能性があります。Elasticsearch の起動が遅い場合、Kibana はそれに到達しようとしてタイムアウトする場合があります。関連サービスにエンドポイントがあるかどうか確認してください。

    $ oc describe service kibana
    Name:                   kibana
    [...]
    Endpoints:              <none>

    Kibana Pod が実行中である場合、エンドポイントが一覧表示されます。実行中でない場合は、Kibana Pod とデプロイメントの状態を確認してください。デプロイメントをスケールダウンして、再び元に戻さなければならない場合があります。

  • Kibana サービスにアクセスするためのルートがマスクされています。これは、あるプロジェクトでテストデプロイメントを実行し、次に最初のデプロイメントを完全に削除することなく別のプロジェクトでデプロイした場合に発生する可能性があります。複数のルートが同じ宛先に送信される場合、デフォルトルーターは最初に作成されたルートにのみルーティングします。問題が発生するルートをチェックして、そのルートが複数の場所で定義されているかどうかを確認してください。

    $ oc get route  --all-namespaces --selector logging-infra=support

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。