7.8. 容認を使用した クラスターロギング Pod 配置の制御

テイントおよび容認を使用することで、クラスターロギング Pod が特定のノードで実行され、その他のワークロードがそれらのノードで実行されないようにします。

テイントおよび容認は、単純な key:value のペアです。ノードのテイントはノードに対し、テイントを容認しないすべての Pod を拒否するよう指示します。

key は最大 253 文字までの文字列で、value は最大 63 文字までの文字列になります。文字列は文字または数字で開始する必要があり、文字、数字、ハイフン、ドットおよびアンダースコアを含めることができます。

容認を使用したクラスターロギング CR のサンプル

apiVersion: "logging.openshift.io/v1"
kind: "ClusterLogging"
metadata:
  name: "instance"
  namespace: openshift-logging
spec:
  managementState: "Managed"
  logStore:
    type: "elasticsearch"
    elasticsearch:
      nodeCount: 1
      tolerations: 1
      - key: "logging"
        operator: "Exists"
        effect: "NoExecute"
        tolerationSeconds: 6000
      resources:
        limits:
          memory: 8Gi
        requests:
          cpu: 100m
          memory: 1Gi
      storage: {}
      redundancyPolicy: "ZeroRedundancy"
  visualization:
    type: "kibana"
    kibana:
      tolerations: 2
      - key: "logging"
        operator: "Exists"
        effect: "NoExecute"
        tolerationSeconds: 6000
      resources:
        limits:
          memory: 2Gi
        requests:
          cpu: 100m
          memory: 1Gi
      replicas: 1
  curation:
    type: "curator"
    curator:
      tolerations: 3
      - key: "logging"
        operator: "Exists"
        effect: "NoExecute"
        tolerationSeconds: 6000
      resources:
        limits:
          memory: 200Mi
        requests:
          cpu: 100m
          memory: 100Mi
      schedule: "*/5 * * * *"
  collection:
    logs:
      type: "fluentd"
      fluentd:
        tolerations: 4
        - key: "logging"
          operator: "Exists"
          effect: "NoExecute"
          tolerationSeconds: 6000
        resources:
          limits:
            memory: 2Gi
          requests:
            cpu: 100m
            memory: 1Gi

1
この容認は Elasticsearch Pod に追加されます。
2
この容認は Kibana Pod に追加されます。
3
この容認は Curator Pod に追加されます。
4
この容認はロギングコレクター Pod に追加されます。

7.8.1. 容認を使用した Elasticsearch Pod 配置の制御

Elasticsearch Pod が実行するノードを制御し、Pod の容認を使用して他のワークロードがそれらのノードを使用しないようにすることができます。

容認をクラスターロギングのカスタムリソース (CR) で Elasticsearch Pod に適用し、テイントをノード仕様でノードに適用します。ノードのテイントは、テイントを容認しないすべての Pod を拒否するようノードに指示する key:value ペア です。他の Pod にはない特定の key:value ペアを使用することで、Elasticseach Pod のみがそのノード上で実行されるようにできます。

デフォルトで、Elasticsearch Pod には以下の容認があります。

tolerations:
- effect: "NoExecute"
  key: "node.kubernetes.io/disk-pressure"
  operator: "Exists"

前提条件

  • クラスターロギングおよび Elasticsearch がインストールされていること。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、クラスターロギング Pod をスケジュールするノードにテイントを追加します。

    $ oc adm taint nodes <node-name> <key>=<value>:<effect>

    以下は例になります。

    $ oc adm taint nodes node1 elasticsearch=node:NoExecute

    この例では、テイントをキー elasticsearch、値 node、およびテイントの効果 NoExecute のある node1 に配置します。NoExecute 効果のノードは、テイントに一致する Pod のみをスケジュールし、一致しない既存の Pod を削除します。

  2. クラスターロギングのカスタムリソース (CR) の logStore セクションを編集し、Elasticsearch Pod の容認を設定します。

      logStore:
        type: "elasticsearch"
        elasticsearch:
          nodeCount: 1
          tolerations:
          - key: "elasticsearch"  1
            operator: "Exists"  2
            effect: "NoExecute"  3
            tolerationSeconds: 6000  4
    1
    ノードに追加したキーを指定します。
    2
    Exists Operator を指定し、キー elasticsearch のあるテイントがノードに存在する必要があるようにします。
    3
    NoExecute effect を指定します。
    4
    オプションで、tolerationSeconds パラメーターを指定して、エビクトされる前に Pod がノードにバインドされる期間を設定します。

この容認は、oc adm taint コマンドで作成されたテイントと一致します。この容認のある Pod は node1 にスケジュールできます。

7.8.2. 容認 (Toleration) による Kibana Pod の配置の制御

Kibana Pod が実行するノードを制御し、Pod の容認を使用して他のワークロードがそれらのノードを使用しないようにすることができます。

容認をクラスターロギングのカスタムリソース (CR) を利用して Kibana Pod に適用し、テイントをノード仕様でノードに適用します。ノードのテイントは、テイントを容認しないすべての Pod を拒否するようノードに指示する key:value ペア です。他の Pod にはない特定の key:value ペアを使用することで、Kibana Pod のみがそのノード上で実行されます。

前提条件

  • クラスターロギングおよび Elasticsearch がインストールされていること。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、Kibana Pod をスケジュールするノードにテイントを追加します。

    $ oc adm taint nodes <node-name> <key>=<value>:<effect>

    以下は例になります。

    $ oc adm taint nodes node1 kibana=node:NoExecute

    この例では、テイントをキー kibana、値 node、およびテイントの効果 NoExecute のある node1 に配置します。NoExecute テイント effect を使用する必要があります。NoExecute は、テイントに一致する Pod のみをスケジュールし、一致しない既存の Pod を削除します。

  2. クラスターロギングのカスタムリソース (CR) の visualization セクションを編集し、Kibana Pod の容認を設定します。

      visualization:
        type: "kibana"
        kibana:
          tolerations:
          - key: "kibana"  1
            operator: "Exists"  2
            effect: "NoExecute"  3
            tolerationSeconds: 6000 4
    1
    ノードに追加したキーを指定します。
    2
    Exists Operator を指定して、key/value/effect パラメーターが一致するようにします。
    3
    NoExecute effect を指定します。
    4
    オプションで、tolerationSeconds パラメーターを指定して、エビクトされる前に Pod がノードにバインドされる期間を設定します。

この容認は、oc adm taint コマンドで作成されたテイントと一致します。この容認のある Pod は、node1 にスケジュールできます。

7.8.3. 容認を使用した Curator Pod 配置の制御

Curator Pod が実行するノードを制御し、Pod の容認を使用して他のワークロードがそれらのノードを使用しないようにすることができます。

容認をクラスターロギングのカスタムリソース (CR) で Curator Pod に適用し、テイントをノード仕様でノードに適用します。ノードのテイントは、テイントを容認しないすべての Pod を拒否するようノードに指示する key:value ペア です。他の Pod にはない特定の key:value ペアを使用することで、Curator Pod のみがそのノード上で実行されるようにできます。

前提条件

  • クラスターロギングおよび Elasticsearch がインストールされていること。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、Curator Pod をスケジュールする必要のあるノードにテイントを追加します。

    $ oc adm taint nodes <node-name> <key>=<value>:<effect>

    以下は例になります。

    $ oc adm taint nodes node1 curator=node:NoExecute

    この例では、テイントをキー curator、値 node、およびテイント effect NoExecute のある node1 に配置します。NoExecute テイント effect を使用する必要があります。NoExecute は、テイントに一致する Pod のみをスケジュールし、一致しない既存の Pod を削除します。

  2. クラスターロギングのカスタムリソース (CR) の curation セクションを編集し、Curator Pod の容認を設定します。

      curation:
        type: "curator"
        curator:
          tolerations:
          - key: "curator"  1
            operator: "Exists"  2
            effect: "NoExecute"  3
            tolerationSeconds: 6000  4
    1
    ノードに追加したキーを指定します。
    2
    Exists Operator を指定して、key/value/effect パラメーターが一致するようにします。
    3
    NoExecute effect を指定します。
    4
    オプションで、tolerationSeconds パラメーターを指定して、エビクトされる前に Pod がノードにバインドされる期間を設定します。

この容認は、oc adm taint コマンドで作成されるテイントと一致します。この容認のある Pod は、node1 にスケジュールできます。

7.8.4. 容認を使用したログコレクター Pod 配置の制御

ロギングコレクター Pod が実行するノードを確認し、Pod の容認を使用して他のワークロードがそれらのノードを使用しないようにすることができます。

容認をクラスターロギングのカスタムリソース (CR) でロギングコレクター Pod に適用し、テイントをノード仕様でノードに適用します。テイントおよび容認を使用すると、Pod がメモリーや CPU などの問題によってエビクトされないようにすることができます。

デフォルトで、ロギングコレクター Pod には以下の容認があります。

tolerations:
- key: "node-role.kubernetes.io/master"
  operator: "Exists"
  effect: "NoExecute"

前提条件

  • クラスターロギングおよび Elasticsearch がインストールされていること。

手順

  1. 以下のコマンドを使用して、ロギングコレクター Pod がロギングコレクター Pod をスケジュールする必要のあるノードにテイントを追加します。

    $ oc adm taint nodes <node-name> <key>=<value>:<effect>

    以下は例になります。

    $ oc adm taint nodes node1 collector=node:NoExecute

    この例では、テイントをキー collector、値 node、およびテイント effect NoExecute のある node1 に配置します。NoExecute テイント effect を使用する必要があります。NoExecute は、テイントに一致する Pod のみをスケジュールし、一致しない既存の Pod を削除します。

  2. クラスターロギングのカスタムリソース (CR) の collection セクションを編集して、ロギングコレクター Pod の容認を設定します。

      collection:
        logs:
          type: "fluentd"
          rsyslog:
            tolerations:
            - key: "collector"  1
              operator: "Exists"  2
              effect: "NoExecute"  3
              tolerationSeconds: 6000  4
    1
    ノードに追加したキーを指定します。
    2
    Exists Operator を指定して、key/value/effect パラメーターが一致するようにします。
    3
    NoExecute effect を指定します。
    4
    オプションで、tolerationSeconds パラメーターを指定して、エビクトされる前に Pod がノードにバインドされる期間を設定します。

この容認は、oc adm taint コマンドで作成されたテイントと一致します。この容認のある Pod は、node1 にスケジュールできます。

7.8.5. 追加リソース

テイントおよび容認についての詳細は、「ノードテイントを使用した Pod 配置の制御」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。