7.2. クラスターロギングの管理状態の変更

Cluster Logging Operator または Elasticsearch Operator によって管理される特定のコンポーネントを変更するには、Operator を Unmanaged (管理外) 状態に設定する必要があります。

Unmanaged (管理外) 状態では、Operator は CR の変更に対応しません。Unmanaged (管理外) 状態の場合、管理者が個々のコンポーネントの設定およびアップグレードを完全に制御できることが前提となります。

重要

管理外の状態の Operator はサポートされず、クラスター管理者は個々のコンポーネント設定およびアップグレードを完全に制御していることを前提としています。

詳細は、管理外の Operator のサポートポリシーについて参照してください。

Managed (管理対象) 状態では、Cluster Logging Operator (CLO) は クラスターロギングのカスタムリソース (CR) の変更に対応し、ロギングデプロイメントを適宜調整します。

OpenShift Container Platform ドキュメントでは、前提条件の段階で OpenShift Container Platform クラスターを Unmanaged (管理外) 状態に設定する必要のあることを示しています。

注記

Elasticsearch Operator (EO) を管理外の状態に設定し、Cluster Logging Operator (CLO) を管理対象のままにする場合、CLO は EO に加えた変更を元に戻します。EO は CLO によって管理されているためです。

7.2.1. クラスターロギングの管理状態の変更

Cluster Logging Operator によって管理されるコンポーネントを変更するには、Operator を Unmanaged (管理外) の状態に設定する必要があります。

  • Curator CronJob
  • Elasticsearch CR
  • Kibana Deployment
  • ログコレクター DaemonSet

管理対象の状態でこれらのコンポーネントを変更する場合、Cluster Logging Operator はそれらの変更を元に戻します。

注記

管理外のクラスターロギング環境は、Cluster Logging Operator を管理対象の状態に戻すまで更新を受信しません。

前提条件

  • Cluster Logging Operator がインストールされている必要があります。

手順

  1. openshift-logging プロジェクトでクラスターロギングのカスタムリソース (CR) を編集します。

    $ oc edit ClusterLogging instance
    $ oc edit ClusterLogging instance
    
    apiVersion: "logging.openshift.io/v1"
    kind: "ClusterLogging"
    metadata:
      name: "instance"
    
    ....
    
    spec:
      managementState: "Managed" 1
    1
    管理状態を Managed (管理対象) または Unmanaged (管理外) として指定します。

7.2.2. Elasticsearch 管理状態の変更

Elasticsearch Operator によって管理される Elasticsearch デプロイメントファイルを変更するには、Operator を Unmanaged (管理外) の状態に設定する必要があります。

管理対象の状態でこれらのコンポーネントを変更する場合、Elasticsearch Operator はこれらの変更を元に戻します。

注記

Elasticsearch Operator が管理対象の状態に戻されるまで、管理外の Elasticsearch クラスターは更新を受信しません。

前提条件

  • Elasticsearch Operator がインストールされていること。
  • openshift-logging プロジェクトに Elasticsearch CR の名前があること。

    $ oc get -n openshift-logging Elasticsearch
    NAME            AGE
    elasticsearch   28h

手順

openshift-logging プロジェクトで Elasticsearch のカスタムリソース (CR) を編集します。

$ oc edit Elasticsearch elasticsearch

apiVersion: logging.openshift.io/v1
kind: Elasticsearch
metadata:
  name: elasticsearch


....

spec:
  managementState: "Managed" 1
1
管理状態を Managed (管理対象) または Unmanaged (管理外) として指定します。
注記

Elasticsearch Operator (EO) を管理外の状態に設定し、Cluster Logging Operator (CLO) を管理対象のままにする場合、CLO は EO に加えた変更を元に戻します。EO は CLO によって管理されているためです。