13.4. コンテナーのエクスポートされるフィールド

これらは OpenShift Container Platform クラスターロギングによってエクスポートされる Docker フィールドであり、Elasticsearch および Kibana での検索に利用できます。namespace は docker コンテナー固有のメタデータの namespace です。docker.container_id は Docker コンテナー ID です。

pipeline_metadata.collector フィールド

このセクションには、コレクターに固有のメタデータが含まれます。

パラメーター説明

pipeline_metadata.collector.hostname

コレクターの FQDN。これはログの実際のエミッターの FQDN とは異なる場合があります。

pipeline_metadata.collector.name

コレクターの名前。

pipeline_metadata.collector.version

コレクターのバージョン。

pipeline_metadata.collector.ipaddr4

コレクターサーバの IP アドレス v4。 配列である場合があります。

pipeline_metadata.collector.ipaddr6

コレクターサーバーの IP アドレス v6 。 配列である場合があります。

pipeline_metadata.collector.inputname

ログメッセージがコレクターによって受信された方法。TCP/UDP または imjournal/imfile。

pipeline_metadata.collector.received_at

メッセージがコレクターによって受信された時間。

pipeline_metadata.collector.original_raw_message

コレクターで収集された、解析されていない元のログメッセージ、または限りなくソースに近いログメッセージ。

pipeline_metadata.normalizer フィールド

このセクションには、ノーマライザーに固有のメタデータが含まれます。

パラメーター説明

pipeline_metadata.normalizer.hostname

ノーマライザーの FQDN。

pipeline_metadata.normalizer.name

ノーマライザーの名前。

pipeline_metadata.normalizer.version

ノーマライザーのバージョン。

pipeline_metadata.normalizer.ipaddr4

ノーマライザーサーバーの IP アドレス v4。 配列である場合があります。

pipeline_metadata.normalizer.ipaddr6

ノーマライザーサーバーの IP アドレス v6 。配列である場合があります。

pipeline_metadata.normalizer.inputname

ログメッセージがノーマライザーによって受信された方法。TCP/UDP かどうか。

pipeline_metadata.normalizer.received_at

メッセージがノーマライザーによって受信された時間。

pipeline_metadata.normalizer.original_raw_message

ノーマライザーで受信される、解析されていない元のログメッセージ。

pipeline_metadata.trace

このフィールドは、メッセージの追跡を記録します。各コレクターおよびノーマライザーは自らについての情報およびメッセージが処理された日時についての情報を追加します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。