7.3. クラスターロギングの設定

クラスターロギングは、openshift-logging プロジェクトにデプロイされるクラスターロギングのカスタムリソース (CR) を使用して設定できます。

Cluster Logging Operator は、クラスターロギング CR への変更の有無を監視し、欠落しているロギングコンポーネントを作成し、ロギングデプロイメントを適宜調整します。

クラスターロギング CR はクラスターロギングのカスタムリソース定義 (CRD) に基づいており、これは完全なクラスターロギングデプロイメントを定義し、ログを収集し、保存し、視覚化するために必要なロギングスタックのすべてのコンポーネントが含まれます。

クラスターロギングのカスタムリソース (CRD) のサンプル

apiVersion: logging.openshift.io/v1
kind: ClusterLogging
metadata:
  creationTimestamp: '2019-03-20T18:07:02Z'
  generation: 1
  name: instance
  namespace: openshift-logging
spec:
  collection:
    logs:
      fluentd:
        resources: null
      type: fluentd
  curation:
    curator:
      resources: null
      schedule: 30 3 * * *
    type: curator
  logStore:
    elasticsearch:
      nodeCount: 3
      redundancyPolicy: SingleRedundancy
      resources:
        limits:
          cpu:
          memory:
        requests:
          cpu:
          memory:
      storage: {}
    type: elasticsearch
  managementState: Managed
  visualization:
    kibana:
      proxy:
        resources: null
      replicas: 1
      resources: null
    type: kibana

クラスターロギングについて以下を設定できます。

  • クラスターロギングを管理外の状態にします。これにより、管理者は個別のコンポーネントの設定およびアップグレードを完全に制御することが想定されます。
  • cluster-logging-operator デプロイメントで該当する環境変数を変更し、各クラスターロギングコンポーネントのイメージを上書きすることができます。
  • ノードセレクターを使用してロギングコンポーネントの特定のノードを指定できます。

7.3.1. クラスターロギングコンポーネントイメージについて

クラスターロギングには、それぞれが 1 つ以上のイメージで実装されている複数のコンポーネントがあります。各イメージは openshift-logging プロジェクトの cluster-logging-operator デプロイメントで定義される環境変数で指定されており、これを変更することはできません。

以下のコマンドを実行してイメージを表示できます。

$ oc -n openshift-logging set env deployment/cluster-logging-operator --list | grep _IMAGE
ELASTICSEARCH_IMAGE=registry.redhat.io/openshift4/ose-logging-elasticsearch5:v4.3 1
FLUENTD_IMAGE=registry.redhat.io/openshift4/ose-logging-fluentd:v4.3 2
KIBANA_IMAGE=registry.redhat.io/openshift4/ose-logging-kibana5:v4.3 3
CURATOR_IMAGE=registry.redhat.io/openshift4/ose-logging-curator5:v4.3 4
OAUTH_PROXY_IMAGE=registry.redhat.io/openshift4/ose-oauth-proxy:v4.3 5
1
ELASTICSEARCH_IMAGE は Elasticsearch をデプロイします。
2
FLUENTD_IMAGE は Fluentd をデプロイします。
3
KIBANA_IMAGE は Kibana をデプロイします。
4
CURATOR_IMAGE は Curator をデプロイします。
5
OAUTH_PROXY_IMAGE は OpenShift Container Platform の OAUTH を定義します。

値は、環境によって異なる可能性があります。

重要

ロギングルートは Cluster Logging Operator によって管理され、ユーザーが変更することはできません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。