第1章 AWS へのインストール

1.1. AWS アカウントの設定

OpenShift Container Platform をインストールする前に、Amazon Web Services (AWS) アカウントを設定する必要があります。

1.1.1. Route53 の設定

OpenShift Container Platform をインストールするには、使用する Amazon Web Services (AWS) アカウントに、Route53 サービスの専用のパブリックホストゾーンが必要になります。このゾーンはドメインに対する権威を持っている必要があります。 Route53 サービスは、クラスターへの外部接続のためのクラスターの DNS 解決および名前検索を提供します。

手順

  1. ドメイン、またはサブドメイン、およびレジストラーを特定します。既存のドメインおよびレジストラーを移行するか、または AWS または他のソースから新規のものを取得できます。

    注記

    AWS で新規ドメインを購入する場合、関連する DNS の変更が伝播するのに時間がかかります。AWS 経由でドメインを購入する方法についての詳細は、AWS ドキュメントの「 Registering Domain Names Using Amazon Route 53 」を参照してください。

  2. 既存のドメインおよびレジストラーを使用している場合、その DNS を AWS に移行します。AWS ドキュメントの「Making Amazon Route 53 the DNS Service for an Existing Domain」を参照してください。
  3. ドメインまたはサブドメインのパブリックホストゾーンを作成します。AWS ドキュメントの「Creating a Public Hosted Zone」を参照してください。

    openshiftcorp.com などのルートドメインや、 clusters.openshiftcorp.com などのサブドメインを使用します。

  4. ホストゾーンレコードから新規の権威ネームサーバーを抽出します。AWS ドキュメントの「Getting the Name Servers for a Public Hosted Zone」を参照してください。
  5. ドメインが使用する AWS Route53 ネームサーバーのレジストラーレコードを更新します。たとえば、別のアカウントを使ってドメインを Route53 サービスに登録している場合は、AWS ドキュメントの「Adding or Changing Name Servers or Glue Records」のトピックを参照してください。
  6. サブドメインを使用している場合は、その委任レコードを親ドメインに追加します。これにより、サブドメインの Amazon Route53 の責任が付与されます。親ドメインの DNS プロバイダーによって要約された委任手順に従います。高次元の手順の例については、AWS ドキュメントの「Creating a subdomain that uses Amazon Route 53 as the DNS service without migrating the parent domain」を参照してください。

1.1.2. AWS アカウントの制限

OpenShift Container Platform クラスターは数多くの Amazon Web Services (AWS) コンポーネントを使用し、デフォルトのサービス制限は、OpenShift Container Platform クラスターをインストールする機能に影響を与えます。特定のクラスター設定を使用し、クラスターを特定の AWS リージョンにデプロイするか、またはアカウントを使って複数のクラスターを実行する場合、AWS アカウントの追加リソースを要求することが必要になる場合があります。

以下の表は、OpenShift Container Platform クラスターのインストールおよび実行機能に影響を与える可能性のある AWS コンポーネントの制限を要約しています。

コンポーネントデフォルトで利用できるクラスターの数デフォルトの AWS の制限説明

インスタンスの制限

変動あり。

変動あり。

デフォルトで、各クラスターは以下のインスタンスを作成します。

  • 1 つのブートストラップマシン。これはインストール後に削除されます。
  • 3 つのマスターノード
  • 3 つのワーカーノード

これらのインスタンスタイプの数は、新規アカウントのデフォルト制限内の値です。追加のワーカーノードをデプロイし、自動スケーリングを有効にし、大規模なワークロードをデプロイするか、または異なるインスタンスタイプを使用するには、アカウントの制限を見直し、クラスターが必要なマシンをデプロイできることを確認します。

ほとんどのリージョンでは、ブートストラップおよびワーカーマシンは m4.large マシンを使用し、マスターマシンは m4.xlarge インスタンスを使用します。これらのインスタンスタイプをサポートしないすべてのリージョンを含む一部のリージョンでは、m5.large および m5.xlarge インスタンスが代わりに使用されます。

Elastic IP (EIP)

0 - 1

アカウントごとに 5 つの EIP

クラスターを高可用性設定でプロビジョニングするために、インストールプログラムはそれぞれのリージョン内のアベイラビリティーゾーンにパブリックおよびプライベートのサブネットを作成します。各プライベートサブネットには NAT ゲートウェイが必要であり、各 NAT ゲートウェイには別個の Elastic IP が必要です。AWS リージョンマップを確認して、各リージョンにあるアベイラビリティーゾーンの数を判別します。デフォルトの高可用性を利用するには、少なくとも 3 つのアベイラビリティーゾーンがあるリージョンにクラスターをインストールします。アベイラビリティーゾーンが 6 つ以上あるリージョンにクラスターをインストールするには、EIP 制限を引き上げる必要があります。

重要

us-east-1 リージョンを使用するには、アカウントの EIP 制限を引き上げる必要があります。

Virtual Private Cloud (VPC)

5

リージョンごとに 5 つの VPC

各クラスターは独自の VPC を作成します。

Elastic Load Balancing (ELB/NLB)

3

リージョンごとに 20

デフォルトで、各クラスターは、マスター API サーバーの内部および外部のネットワークロードバランサーおよびルーターの単一の Classic Elastic Load Balancer を作成します。追加の Kubernetes LoadBalancer Service オブジェクトをデプロイすると、追加のロードバランサーが作成されます。

NAT ゲートウェイ

5

アベイラビリティゾーンごとに 5 つ

クラスターは各アベイラビリティーゾーンに 1 つの NAT ゲートウェイをデプロイします。

Elastic Network Interface (ENI)

12 以上

リージョンごとに 350

デフォルトのインストールは 21 の ENI を作成し、リージョンの各アベイラビリティーゾーンに 1 つの ENI を作成します。たとえば、us-east-1 リージョンには 6 つのアベイラビリティーゾーンが含まれるため、そのゾーンにデプロイされるクラスターは 27 の ENI を使用します。AWS リージョンマップを確認して、各リージョンにあるアベイラビリティーゾーンの数を判別します。

追加の ENI が、クラスターの使用およびデプロイされたワークロード別に作成される追加のマシンおよび Elastic Load Balancer について作成されます。

VPC ゲートウェイ

20

アカウントごとに 20

各クラスターは、S3 アクセス用の単一の VPC ゲートウェイを作成します。

S3 バケット

99

アカウントごとに 100 バケット

インストールプロセスでは 1 つの一時的なバケットを作成し、各クラスターのレジストリーコンポーネントがバケットを作成するため、AWS アカウントごとに 99 の OpenShift Container Platform クラスターのみを作成できます。

セキュリティーグループ

250

アカウントごとに 2,500

各クラスターは、10 の個別のセキュリティーグループを作成します。

1.1.3. 必要な AWS パーミッション

AdministratorAccess ポリシーを、Amazon Web Services (AWS) で作成する IAM ユーザーに割り当てる場合、そのユーザーには必要なパーミッションすべてを付与します。OpenShift Container Platform クラスターのすべてのコンポーネントをデプロイするために、IAM ユーザーに以下のパーミッションが必要になります。

インストールに必要な EC2 パーミッション

  • ec2:AllocateAddress
  • ec2:AssociateAddress
  • ec2:AuthorizeSecurityGroupEgress
  • ec2:AuthorizeSecurityGroupIngress
  • ec2:CopyImage
  • ec2:CreateNetworkInterface
  • ec2:CreateSecurityGroup
  • ec2:CreateTags
  • ec2:CreateVolume
  • ec2:DeleteSecurityGroup
  • ec2:DeleteSnapshot
  • ec2:DeregisterImage
  • ec2:DescribeAccountAttributes
  • ec2:DescribeAddresses
  • ec2:DescribeAvailabilityZones
  • ec2:DescribeDhcpOptions
  • ec2:DescribeImages
  • ec2:DescribeInstanceAttribute
  • ec2:DescribeInstanceCreditSpecifications
  • ec2:DescribeInstances
  • ec2:DescribeInternetGateways
  • ec2:DescribeKeyPairs
  • ec2:DescribeNatGateways
  • ec2:DescribeNetworkAcls
  • ec2:DescribeNetworkInterfaces
  • ec2:DescribePrefixLists
  • ec2:DescribeRegions
  • ec2:DescribeRouteTables
  • ec2:DescribeSecurityGroups
  • ec2:DescribeSubnets
  • ec2:DescribeTags
  • ec2:DescribeVolumes
  • ec2:DescribeVpcAttribute
  • ec2:DescribeVpcClassicLink
  • ec2:DescribeVpcClassicLinkDnsSupport
  • ec2:DescribeVpcEndpoints
  • ec2:DescribeVpcs
  • ec2:ModifyInstanceAttribute
  • ec2:ModifyNetworkInterfaceAttribute
  • ec2:ReleaseAddress
  • ec2:RevokeSecurityGroupEgress
  • ec2:RevokeSecurityGroupIngress
  • ec2:RunInstances
  • ec2:TerminateInstances

インストール時のネットワークリソースの作成に必要なパーミッション

  • ec2:AssociateDhcpOptions
  • ec2:AssociateRouteTable
  • ec2:AttachInternetGateway
  • ec2:CreateDhcpOptions
  • ec2:CreateInternetGateway
  • ec2:CreateNatGateway
  • ec2:CreateRoute
  • ec2:CreateRouteTable
  • ec2:CreateSubnet
  • ec2:CreateVpc
  • ec2:CreateVpcEndpoint
  • ec2:ModifySubnetAttribute
  • ec2:ModifyVpcAttribute
注記

既存の VPC を使用する場合、アカウントではネットワークリソースの作成にこれらのパーミッションを必要としません。

インストールに必要な Elasticloadbalancing パーミッション

  • elasticloadbalancing:AddTags
  • elasticloadbalancing:ApplySecurityGroupsToLoadBalancer
  • elasticloadbalancing:AttachLoadBalancerToSubnets
  • elasticloadbalancing:ConfigureHealthCheck
  • elasticloadbalancing:CreateListener
  • elasticloadbalancing:CreateLoadBalancer
  • elasticloadbalancing:CreateLoadBalancerListeners
  • elasticloadbalancing:CreateTargetGroup
  • elasticloadbalancing:DeleteLoadBalancer
  • elasticloadbalancing:DeregisterInstancesFromLoadBalancer
  • elasticloadbalancing:DeregisterTargets
  • elasticloadbalancing:DescribeInstanceHealth
  • elasticloadbalancing:DescribeListeners
  • elasticloadbalancing:DescribeLoadBalancerAttributes
  • elasticloadbalancing:DescribeLoadBalancers
  • elasticloadbalancing:DescribeTags
  • elasticloadbalancing:DescribeTargetGroupAttributes
  • elasticloadbalancing:DescribeTargetHealth
  • elasticloadbalancing:ModifyLoadBalancerAttributes
  • elasticloadbalancing:ModifyTargetGroup
  • elasticloadbalancing:ModifyTargetGroupAttributes
  • elasticloadbalancing:RegisterInstancesWithLoadBalancer
  • elasticloadbalancing:RegisterTargets
  • elasticloadbalancing:SetLoadBalancerPoliciesOfListener

インストールに必要な IAM パーミッション

  • iam:AddRoleToInstanceProfile
  • iam:CreateInstanceProfile
  • iam:CreateRole
  • iam:DeleteInstanceProfile
  • iam:DeleteRole
  • iam:DeleteRolePolicy
  • iam:GetInstanceProfile
  • iam:GetRole
  • iam:GetRolePolicy
  • iam:GetUser
  • iam:ListInstanceProfilesForRole
  • iam:ListRoles
  • iam:ListUsers
  • iam:PassRole
  • iam:PutRolePolicy
  • iam:RemoveRoleFromInstanceProfile
  • iam:SimulatePrincipalPolicy
  • iam:TagRole

インストールに必要な Route53 パーミッション

  • route53:ChangeResourceRecordSets
  • route53:ChangeTagsForResource
  • route53:CreateHostedZone
  • route53:DeleteHostedZone
  • route53:GetChange
  • route53:GetHostedZone
  • route53:ListHostedZones
  • route53:ListHostedZonesByName
  • route53:ListResourceRecordSets
  • route53:ListTagsForResource
  • route53:UpdateHostedZoneComment

インストールに必要な S3 パーミッション

  • s3:CreateBucket
  • s3:DeleteBucket
  • s3:GetAccelerateConfiguration
  • s3:GetBucketCors
  • s3:GetBucketLocation
  • s3:GetBucketLogging
  • s3:GetBucketObjectLockConfiguration
  • s3:GetBucketReplication
  • s3:GetBucketRequestPayment
  • s3:GetBucketTagging
  • s3:GetBucketVersioning
  • s3:GetBucketWebsite
  • s3:GetEncryptionConfiguration
  • s3:GetLifecycleConfiguration
  • s3:GetReplicationConfiguration
  • s3:ListBucket
  • s3:PutBucketAcl
  • s3:PutBucketTagging
  • s3:PutEncryptionConfiguration

クラスター Operator が必要とする S3 パーミッション

  • s3:DeleteObject
  • s3:GetObject
  • s3:GetObjectAcl
  • s3:GetObjectTagging
  • s3:GetObjectVersion
  • s3:PutObject
  • s3:PutObjectAcl
  • s3:PutObjectTagging

ベースクラスターリソースの削除に必要なパーミッション

  • autoscaling:DescribeAutoScalingGroups
  • ec2:DeleteNetworkInterface
  • ec2:DeleteVolume
  • elasticloadbalancing:DeleteTargetGroup
  • elasticloadbalancing:DescribeTargetGroups
  • iam:ListInstanceProfiles
  • iam:ListRolePolicies
  • iam:ListUserPolicies
  • s3:DeleteObject
  • tag:GetResources

ネットワークリソースの削除に必要なパーミッション

  • ec2:DeleteDhcpOptions
  • ec2:DeleteInternetGateway
  • ec2:DeleteNatGateway
  • ec2:DeleteRoute
  • ec2:DeleteRouteTable
  • ec2:DeleteSubnet
  • ec2:DeleteVpc
  • ec2:DeleteVpcEndpoints
  • ec2:DetachInternetGateway
  • ec2:DisassociateRouteTable
  • ec2:ReplaceRouteTableAssociation
注記

既存の VPC を使用する場合、アカウントではネットワークリソースの削除にこれらのパーミッションを必要としません。

マニフェストの作成に必要な追加の IAM および S3 パーミッション

  • iam:CreateAccessKey
  • iam:CreateUser
  • iam:DeleteAccessKey
  • iam:DeleteUser
  • iam:DeleteUserPolicy
  • iam:GetUserPolicy
  • iam:ListAccessKeys
  • iam:PutUserPolicy
  • iam:TagUser
  • iam:GetUserPolicy
  • iam:ListAccessKeys
  • s3:PutBucketPublicAccessBlock
  • s3:GetBucketPublicAccessBlock
  • s3:PutLifecycleConfiguration
  • s3:HeadBucket
  • s3:ListBucketMultipartUploads
  • s3:AbortMultipartUpload

1.1.4. IAM ユーザーの作成

各 Amazon Web Services (AWS) アカウントには、アカウントの作成に使用するメールアドレスに基づく root ユーザーアカウントが含まれます。これは高度な権限が付与されたアカウントであり、初期アカウントにのみ使用し、請求設定また初期のユーザーセットの作成およびアカウントのセキュリティー保護のために使用することが推奨されています。

OpenShift Container Platform をインストールする前に、セカンダリー IAM 管理ユーザーを作成します。AWS ドキュメントの「Creating an IAM User in Your AWS Account」手順を実行する際に、以下のオプションを設定します。

手順

  1. IAM ユーザー名を指定し、Programmatic access を選択します。
  2. AdministratorAccess ポリシーを割り当て、アカウントにクラスターを作成するために十分なパーミッションがあることを確認します。このポリシーはクラスターに対し、各 OpenShift Container Platform コンポーネントに認証情報を付与する機能を提供します。クラスターはコンポーネントに対し、それらが必要とする認証情報のみを付与します。

    注記

    必要なすべての AWS パーミッションを付与し、これをユーザーに割り当てるポリシーを作成することは可能ですが、これは優先されるオプションではありません。クラスターには追加の認証情報を個別コンポーネントに付与する機能がないため、同じ認証情報がすべてのコンポーネントによって使用されます。

  3. オプション: タグを割り当て、メタデータをユーザーに追加します。
  4. 指定したユーザー名に AdministratorAccess ポリシーが付与されていることを確認します。
  5. アクセスキー ID およびシークレットアクセスキーの値を記録します。ローカルマシンをインストールプログラムを実行するように設定する際にこれらの値を使用する必要があります。

    重要

    クラスターのデプロイ時に、マルチファクター認証デバイスの使用中に生成した一時的なセッショントークンを使用して AWS に対する認証を行うことはできません。クラスターは継続的に現行の AWS 認証情報を使用して、クラスターの有効期間全体にわたって AWS リソースを作成するため、キーをベースとした有効期間の長い認証情報を使用する必要があります。

1.1.5. サポートされている AWS リージョン

OpenShift Container Platform クラスターを以下のリージョンにデプロイできます。

  • ap-northeast-1 (Tokyo)
  • ap-northeast-2 (Seoul)
  • ap-south-1 (Mumbai)
  • ap-southeast-1 (Singapore)
  • ap-southeast-2 (Sydney)
  • ca-central-1 (Central)
  • eu-central-1 (Frankfurt)
  • eu-north-1 (Stockholm)
  • eu-west-1 (Ireland)
  • eu-west-2 (London)
  • eu-west-3 (Paris)
  • sa-east-1 (São Paulo)
  • us-east-1 (N. Virginia)
  • us-east-2 (Ohio)
  • us-west-1 (N. California)
  • us-west-2 (Oregon)

1.1.6. 次のステップ


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。