第2章 ビルド設定について

以下のセクションでは、ビルド、BuildConfig の概念を定義し、利用できる主なビルドストラテジーの概要を示します。

2.1. BuildConfig

ビルド設定は、単一のビルド定義と新規ビルドを作成するタイミングについてのトリガーを記述します。ビルド設定は BuildConfig で定義されます。 BuildConfig は、新規インスタンスを作成するために API サーバーへの POST で使用可能な REST オブジェクトのことです。

ビルド設定 または BuildConfig は、ビルドストラテジー と 1 つまたは複数のソースを特徴としています。ストラテジーはプロセスを決定し、ソースは入力内容を提供します。

OpenShift Container Platform を使用したアプリケーションの作成方法の選択に応じて Web コンソールまたは CLI のいずれを使用している場合でも、BuildConfig は通常自動的に作成され、いつでも編集できます。BuildConfig を構成する部分や利用可能なオプションを理解しておくと、後に設定を手動で変更する場合に役立ちます。

以下の BuildConfig の例では、コンテナーイメージのタグやソースコードが変更されるたびに新規ビルドが作成されます。

BuildConfig のオブジェクト定義

kind: BuildConfig
apiVersion: build.openshift.io/v1
metadata:
  name: "ruby-sample-build" 1
spec:
  runPolicy: "Serial" 2
  triggers: 3
    -
      type: "GitHub"
      github:
        secret: "secret101"
    - type: "Generic"
      generic:
        secret: "secret101"
    -
      type: "ImageChange"
  source: 4
    git:
      uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
  strategy: 5
    sourceStrategy:
      from:
        kind: "ImageStreamTag"
        name: "ruby-20-centos7:latest"
  output: 6
    to:
      kind: "ImageStreamTag"
      name: "origin-ruby-sample:latest"
  postCommit: 7
      script: "bundle exec rake test"

1
この仕様は、ruby-sample-build という名前の新規の BuildConfig を作成します。
2
runPolicy フィールドは、このビルド設定に基づいて作成されたビルドを同時に実行できるかどうかを制御します。デフォルトの値は Serial です。 これは新規ビルドが同時にではなく、順番に実行されることを意味します。
3
新規ビルドを作成するトリガーの一覧を指定できます。
4
source セクションでは、ビルドのソースを定義します。ソースの種類は入力の主なソースを決定し、Git (コードのリポジトリーの場所を参照)、Dockerfile (インラインの Dockerfile からビルド) または Binary (バイナリーペイロードを受け入れる) のいずれかとなっています。複数のソースを一度に指定できます。詳細は、各ソースタイプのドキュメントを参照してください。
5
strategy セクションでは、ビルドの実行に使用するビルドストラテジーを記述します。ここでは SourceDocker または Custom ストラテジーを指定できます。上記の例では、Source-To-Image がアプリケーションのビルドに使用する ruby-20-centos7 コンテナーイメージを使用します。
6
コンテナーイメージが正常にビルドされた後に、これは output セクションで記述されているリポジトリーにプッシュされます。
7
postCommit セクションは、オプションのビルドフック を定義します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。