第10章 ビルドでの Red Hat サブスクリプションの使用

以下のセクションを使用して、OpenShift Container Platform でエンタイトルメントが適用されたビルドを実行します。

10.1. Red Hat Universal Base Image への ImageStreamTag の作成

ビルド内で Red Hat サブスクリプションを使用するには、Universal Base Image (UBI) を参照する ImageStream を作成する必要があります。

registry.redhat.io から UBI を直接参照するビルドには、プルシークレットが必要です。

前提条件

  • registry.redhat.io のプルシークレットを作成し、これをユーザープロジェクトにリンクする必要があります。

手順

  • 単一プロジェクトで imagestreamtag を作成するには、以下を実行します。

    $ oc tag --source=docker registry.redhat.io/ubi7/ubi:latest ubi:latest
  • OpenShift Container Platform namespace で imagestreamtag を作成し、これを開発者に対してすべてのプロジェクトで利用可能にするには、以下を実行します。

    $ oc tag --source=docker registry.redhat.io/ubi7/ubi:latest ubi:latest -n openshift

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。