10.4. Satellite サブスクリプションを使用したビルドの実行

10.4.1. Satellite 設定のビルドへの追加

Satellite を使用してコンテンツをインストールするビルドは、Satellite リポジトリーからコンテンツを取得するための適切な設定を提供する必要があります。

前提条件

  • Satellite インスタンスからコンテンツをダウンロードするために、yum 互換リポジトリー設定ファイルを提供するか、またはこれを作成する必要があります。

    [test-<name>]
     name=test-<number>
     baseurl = https://satellite.../content/dist/rhel/server/7/7Server/x86_64/os
     enabled=1
     gpgcheck=0
     sslverify=0
     sslclientkey = /etc/pki/entitlement/...-key.pem
     sslclientcert = /etc/pki/entitlement/....pem

手順

  1. Satellite リポジトリーの設定ファイルを含む ConfigMap を作成します。

    $ oc create configmap yum-repos-d --from-file /path/to/satellite.repo
  2. Satellite リポジトリー設定を BuildConfig に追加します。

    source:
        configMaps:
        - configMap:
            name: yum-repos-d
          destinationDir: yum.repos.d

10.4.2. Satellite サブスクリプションを使用した Docker ビルド

Docker ストラテジービルドは、Satellite リポジトリーを使用してサブスクリプションコンテンツをインストールできます。

前提条件

エンタイトルメントキーと Satellite リポジトリー設定がビルド入力として追加される必要があります。

手順

たとえば、Dockerfile を使用して、 Satellite を使用してコンテンツをインストールします。

FROM registry.redhat.io/rhel7:latest
USER root
# Copy entitlements
COPY ./etc-pki-entitlement /etc/pki/entitlement
# Copy repository configuration
COPY ./yum.repos.d /etc/yum.repos.d
# Delete /etc/rhsm-host to use entitlements from the build container
RUN rm /etc/rhsm-host && \
    # yum repository info provided by Satellite
    yum -y update && \
    yum -y install <rpms> && \
    # Remove entitlements
    rm -rf /etc/pki/entitlement
# OpenShift requires images to run as non-root by default
USER 1001
ENTRYPOINT ["/bin/bash"]

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。