第4章 ビルド出力の管理

ビルド出力の概要およびビルド出力の管理方法についての説明については、以下のセクションを使用します。

4.1. ビルド出力

Docker または Source-to-Image (S2I) ストラテジーを使用するビルドにより、新しいコンテナーイメージが作成されます。このイメージは、Build 仕様の output セクションで指定されているコンテナーイメージのレジストリーにプッシュされます。

出力の種類が ImageStreamTag の場合は、イメージが統合された OpenShift Container Platform レジストリーにプッシュされ、指定のイメージストリームにタグ付けされます。出力が DockerImage タイプの場合は、出力参照の名前が Docker のプッシュ仕様として使用されます。この仕様にレジストリーが含まれる場合もありますが、レジストリーが指定されていない場合は、DockerHub にデフォルト設定されます。ビルド仕様の出力セクションが空の場合には、ビルドの最後にイメージはプッシュされません。

ImageStreamTag への出力

spec:
  output:
    to:
      kind: "ImageStreamTag"
      name: "sample-image:latest"

Docker のプッシュ仕様への出力

spec:
  output:
    to:
      kind: "DockerImage"
      name: "my-registry.mycompany.com:5000/myimages/myimage:tag"


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。