3.3. イメージソース

追加のファイルは、イメージを使用してビルドプロセスに渡すことができます。インプットイメージは From および To イメージターゲットが定義されるのと同じ方法で参照されます。つまり、コンテナーイメージと imagestreamtags の両方を参照できます。イメージとの関連で、1 つまたは複数のパスのペアを指定して、ファイルまたはディレクトリーのパスを示し、イメージと宛先をコピーしてビルドコンテキストに配置する必要があります。

ソースパスは、指定したイメージ内の絶対パスで指定してください。宛先は、相対ディレクトリーパスでなければなりません。ビルド時に、イメージは読み込まれ、指定のファイルおよびディレクトリーはビルドプロセスのコンテキストディレクトリーにコピーされます。これは、ソースリポジトリーのコンテンツ (ある場合) のクローンが作成されるディレクトリーと同じです。ソースパスの末尾は /. であり、ディレクトリーのコンテンツがコピーされますが、ディレクトリー自体は宛先で作成されません。

イメージの入力は、BuildConfigsource の定義で指定します。

source:
  git:
    uri: https://github.com/openshift/ruby-hello-world.git
  images: 1
  - from: 2
      kind: ImageStreamTag
      name: myinputimage:latest
      namespace: mynamespace
    paths: 3
    - destinationDir: injected/dir 4
      sourcePath: /usr/lib/somefile.jar 5
  - from:
      kind: ImageStreamTag
      name: myotherinputimage:latest
      namespace: myothernamespace
    pullSecret: mysecret 6
    paths:
    - destinationDir: injected/dir
      sourcePath: /usr/lib/somefile.jar
1
1 つ以上のインプットイメージおよびファイルの配列
2
コピーされるファイルが含まれるイメージへの参照
3
ソース/宛先パスの配列
4
ビルドプロセスで対象のファイルにアクセス可能なビルドルートへの相対パス
5
参照イメージの中からコピーするファイルの場所
6
認証情報がインプットイメージにアクセスするのに必要な場合に提供されるオプションのシークレット
注記

この機能は、カスタムストラテジーを使用するビルドについてサポートされません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。