第6章 Buildah によるカスタムイメージビルド

OpenShift Container Platform 4.3 では、Docker ソケットはホストノードに表示されません。これは、カスタムビルドの mount docker socket オプションがカスタムビルドイメージ内で使用できる Docker ソケットを提供しない可能性がゼロではないことを意味します。

イメージのビルドおよびプッシュにこの機能を必要とする場合、Buildah ツールをカスタムビルドイメージに追加し、これを使用してカスタムビルドロジック内でイメージをビルドし、プッシュします。以下の例は、Buildah でカスタムビルドを実行する方法を示しています。

注記

カスタムビルドストラテジーを使用するためには、デフォルトで標準ユーザーが持たないパーミッションが必要です。このパーミッションはユーザーがクラスターで実行される特権付きコンテナー内で任意のコードを実行することを許可します。このレベルのアクセスを使用するとクラスターが危険にさらされる可能性があるため、このアクセスはクラスターで管理者権限を持つ信頼されたユーザーのみに付与される必要があります。

6.1. 前提条件


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。