5.4. Pipeline ビルド

重要

Pipeline ビルドストラテジーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨になりました。同等の機能および改善機能は、Tekton をベースとする OpenShift Pipeline にあります。

OpenShift の Jenkins イメージは完全にサポートされており、ユーザーは Jenkins ユーザーのドキュメントに従ってジョブで Jenkinsfile を定義するか、またはこれをソースコントロール管理システムに保存します。

開発者は、Pipeline ビルドストラテジーを利用して Jenkins Pipeline プラグインで実行できるように Jenkins Pipeline を定義することができます。このビルドは他のビルドタイプの場合と同様に OpenShift Container Platform での起動、モニタリング、管理が可能です。

Pipeline ワークフローは、ビルド設定に直接組み込むか、または Git リポジトリーに配置してビルド設定で参照して Jenkinsfile で定義します。

5.4.1. OpenShift Container Platform Pipeline について

Pipeline により、OpenShift Container Platform でのアプリケーションのビルド、デプロイ、およびプロモートに対する制御が可能になります。Jenkins Pipeline ビルドストラテジー、Jenkinsfiles、および OpenShift Container Platform のドメイン固有言語 (DSL) (Jenkins クライアントプラグインで提供される) の組み合わせを使用することにより、すべてのシナリオにおける高度なビルド、テスト、デプロイおよびプロモート用の Pipeline を作成できます。

OpenShift Container Platform Jenkins 同期プラグイン

OpenShift Container Platform Jenkins 同期プラグインは、BuildConfig および Build オブジェクトを Jenkins ジョブおよびビルドと同期し、以下を提供します。

  • Jenkins での動的なジョブ/実行の作成。
  • ImageStreams、ImageStreamTag、または ConfigMap からのスレーブ Pod テンプレートの動的作成。
  • 環境変数の挿入。
  • OpenShift Web コンソールでの Pipeline の可視化。
  • Jenkins Git プラグインとの統合。 ここからコミット情報が渡されます。
  • OpenShift が Jenkins git プラグインに対して作成する Jenkins 認証情報エントリーに対するシークレットの同期。

OpenShift Container Platform Jenkins クライアントプラグイン

OpenShift Container Platform Jenkins Client プラグインは、OpenShift Container Platform API Server との高度な対話を実現するために、読み取り可能かつ簡潔で、包括的で Fluent (流れるような) スタイルの Jenkins Pipeline 構文を提供することを目的とした Jenkins プラグインです。このプラグインは、スクリプトを実行するノードで使用できる必要がある OpenShift コマンドラインツール (oc) を活用します。

OpenShift Jenkins クライアントプラグインは Jenkins マスターにインストールされ、OpenShift Container Platform DSL がアプリケーションの JenkinsFile 内で利用可能である必要があります。このプラグインは、OpenShift Container Platform Jenkins イメージの使用時にデフォルトでインストールされ、有効にされます。

プロジェクト内で OpenShift Container Platform Pipeline を使用するには、Jenkins Pipeline ビルドストラテジーを使用する必要があります。このストラテジーはソースリポジトリーのルートで jenkinsfile を使用するようにデフォルト設定されますが、以下の設定オプションも提供します。

  • BuildConfig 内のインラインの jenkinsfile フィールド。
  • ソース contextDir との関連で使用する jenkinsfile の場所を参照する BuildConfig 内の jenkinsfilePath
注記

オプションの jenkinsfilePath フィールドは、ソース contextDir との関連で使用するファイルの名前を指定します。contextDir が省略される場合、デフォルトはリポジトリーのルートに設定されます。jenkinsfilePath が省略される場合、デフォルトは jenkinsfile に設定されます。

5.4.2. Pipeline ビルド用の Jenkinsfile の提供

jenkinsfile は標準的な groovy 言語構文を使用して、アプリケーションの設定、ビルド、およびデプロイメントに対する詳細な制御を可能にします。

jenkinsfile は以下のいずれかの方法で指定できます。

  • ソースコードリポジトリー内にあるファイルの使用。
  • jenkinsfile フィールドを使用してビルド設定の一部として組み込む。

最初のオプションを使用する場合、jenkinsfile を以下の場所のいずれかでアプリケーションソースコードリポジトリーに組み込む必要があります。

  • リポジトリーのルートにある jenkinsfile という名前のファイル。
  • リポジトリーのソース contextDir のルートにある jenkinsfile という名前のファイル。
  • ソース contextDir に関連して BuildConfig の JenkinsPipelineStrategy セクションの jenkinsfilePath フィールドで指定される名前のファイル (指定される場合)。 指定されない場合は、リポジトリーのルートに設定されます。

jenkinsfile は Jenkins スレーブ Pod で実行されます。 ここでは OpenShift DSL を使用する場合に OpenShift クライアントのバイナリーを利用可能にしておく必要があります。

手順

Jenkinsfile を指定するには、以下のいずれかを実行できます。

  1. ビルド設定に Jenkinsfile を埋め込む
  2. Jenkinsfile を含む git リポジトリーへの参照をビルド設定に追加する

埋め込み定義

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfile: |-
        node('agent') {
          stage 'build'
          openshiftBuild(buildConfig: 'ruby-sample-build', showBuildLogs: 'true')
          stage 'deploy'
          openshiftDeploy(deploymentConfig: 'frontend')
        }

git リポジトリーへの参照

kind: "BuildConfig"
apiVersion: "v1"
metadata:
  name: "sample-pipeline"
spec:
  source:
    git:
      uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
  strategy:
    jenkinsPipelineStrategy:
      jenkinsfilePath: some/repo/dir/filename 1

1
オプションの jenkinsfilePath フィールドは、ソース contextDir との関連で使用するファイルの名前を指定します。contextDir が省略される場合、デフォルトはリポジトリーのルートに設定されます。jenkinsfilePath が省略される場合、デフォルトは Jenkinsfile に設定されます。

5.4.3. Pipeline ビルドの環境変数の使用

環境変数を Pipeline ビルドプロセスで利用可能にするには、環境変数を BuildConfigjenkinsPipelineStrategy 定義に追加できます。

定義した後に、環境変数は BuildConfig に関連する Jenkins ジョブのパラメーターとして設定されます。

手順

ビルド時に使用される環境変数を定義するには、以下を実行します。

jenkinsPipelineStrategy:
...
  env:
    - name: "FOO"
      value: "BAR"

oc set env コマンドで、BuildConfig に定義した環境変数を管理することも可能です。

5.4.3.1. BuildConfig 環境変数と Jenkins ジョブパラメーター間のマッピング

Pipeline ストラテジーの BuildConfig への変更に従い、Jenkins ジョブが作成/更新されると、BuildConfig の環境変数は Jenkins ジョブパラメーターの定義にマッピングされます。 Jenkins ジョブパラメーター定義のデフォルト値は、関連する環境変数の現在の値になります。

Jenkins ジョブの初回作成後に、パラメーターを Jenkins コンソールからジョブに追加できます。パラメーター名は、BuildConfig の環境変数名とは異なります。上記の Jenkins ジョブ用にビルドを開始すると、これらのパラメーターが使用されます。

Jenkins ジョブのビルドを開始する方法により、パラメーターの設定方法が決まります。

  • oc start-build で開始された場合には、BuildConfig の環境変数が対応するジョブインスタンスに設定するパラメーターになります。Jenkins コンソールからパラメーターのデフォルト値に変更を加えても無視されます。BuildConfig の値が優先されます。
  • oc start-build -e で開始する場合、-e オプションで指定される環境変数の値が優先されます。

    • BuildConfig に一覧表示されていない環境変数を指定する場合、それらは Jenkins ジョブパラメーター定義として追加されます。
    • Jenkins コンソールから環境変数に対応するパラメーターに加える変更は無視されます。BuildConfig および oc start-build -e て指定する内容が優先されます。
  • Jenkins コンソールで Jenkins ジョブを開始した場合には、ジョブのビルドを開始する操作の一環として、Jenkins コンソールを使用してパラメーターの設定を制御できます。
注記

ジョブパラメーターに関連付けられる可能性のあるすべての環境変数を、BuildConfig に指定することが推奨されます。これにより、ディスク I/O が減り、Jenkins 処理時のパフォーマンスが向上します。

5.4.4. Pipeline ビルドのチュートリアル

以下の例では、nodejs-mongodb.json テンプレートを使用して Node.js/MongoDB アプリケーションをビルドし、デプロイし、検証する OpenShift Pipeline を作成する方法を紹介します。

手順

  1. Jenkins マスターを作成するには、以下を実行します。

      $ oc project <project_name> 1
      $ oc new-app jenkins-ephemeral 2
    1
    oc new-project <project_name> で新規プロジェクトを使用するか、または作成するプロジェクトを選択します。
    2
    永続ストレージを使用する場合は、jenkins-persistent を代わりに使用します。
  2. 以下の内容で nodejs-sample-pipeline.yaml という名前のファイルを作成します。

    注記

    Jenkins Pipeline ストラテジーを使用して Node.js/MongoDB のサンプルアプリケーションをビルドし、デプロイし、スケーリングする BuildConfig を作成します。

    kind: "BuildConfig"
    apiVersion: "v1"
    metadata:
      name: "nodejs-sample-pipeline"
    spec:
      strategy:
        jenkinsPipelineStrategy:
          jenkinsfile: <pipeline content from below>
        type: JenkinsPipeline
  3. jenkinsPipelineStrategyBuildConfig を作成したら、インラインの jenkinsfile を使用して、Pipeline に指示を出します。

    注記

    この例では、アプリケーションに Git リポジトリーを設定しません。

    以下の jenkinsfile の内容は、OpenShift DSL を使用して Groovy で記述されています。ソースリポジトリーに jenkinsfile を追加することが推奨される方法ですが、この例では YAML Literal Style を使用して BuildConfig にインラインコンテンツを追加しています。

    def templatePath = 'https://raw.githubusercontent.com/openshift/nodejs-ex/master/openshift/templates/nodejs-mongodb.json' 1
    def templateName = 'nodejs-mongodb-example' 2
    pipeline {
      agent {
        node {
          label 'nodejs' 3
        }
      }
      options {
        timeout(time: 20, unit: 'MINUTES') 4
      }
      stages {
        stage('preamble') {
            steps {
                script {
                    openshift.withCluster() {
                        openshift.withProject() {
                            echo "Using project: ${openshift.project()}"
                        }
                    }
                }
            }
        }
        stage('cleanup') {
          steps {
            script {
                openshift.withCluster() {
                    openshift.withProject() {
                      openshift.selector("all", [ template : templateName ]).delete() 5
                      if (openshift.selector("secrets", templateName).exists()) { 6
                        openshift.selector("secrets", templateName).delete()
                      }
                    }
                }
            }
          }
        }
        stage('create') {
          steps {
            script {
                openshift.withCluster() {
                    openshift.withProject() {
                      openshift.newApp(templatePath) 7
                    }
                }
            }
          }
        }
        stage('build') {
          steps {
            script {
                openshift.withCluster() {
                    openshift.withProject() {
                      def builds = openshift.selector("bc", templateName).related('builds')
                      timeout(5) { 8
                        builds.untilEach(1) {
                          return (it.object().status.phase == "Complete")
                        }
                      }
                    }
                }
            }
          }
        }
        stage('deploy') {
          steps {
            script {
                openshift.withCluster() {
                    openshift.withProject() {
                      def rm = openshift.selector("dc", templateName).rollout()
                      timeout(5) { 9
                        openshift.selector("dc", templateName).related('pods').untilEach(1) {
                          return (it.object().status.phase == "Running")
                        }
                      }
                    }
                }
            }
          }
        }
        stage('tag') {
          steps {
            script {
                openshift.withCluster() {
                    openshift.withProject() {
                      openshift.tag("${templateName}:latest", "${templateName}-staging:latest") 10
                    }
                }
            }
          }
        }
      }
    }
    1
    使用するテンプレートへのパス
    2
    作成するテンプレート名
    3
    このビルドを実行する node.js のスレーブ Pod をスピンアップします。
    4
    この Pipeline に 20 分間のタイムアウトを設定します。
    5
    このテンプレートラベルが指定されたものすべてを削除します。
    6
    このテンプレートラベルが付いたシークレットをすべて削除します。
    7
    templatePath から新規アプリケーションを作成します。
    8
    ビルドが完了するまで最大 5 分待機します。
    9
    デプロイメントが完了するまで最大 5 分待機します。
    10
    すべてが正常に完了した場合は、$ {templateName}:latest イメージに $ {templateName}-staging:latest のタグを付けます。ステージング環境向けの Pipeline の BuildConfig は、変更する $ {templateName}-staging:latest イメージがないかを確認し、このイメージをステージング環境にデプロイします。
    注記

    以前の例は、declarative pipeline スタイルを使用して記述されていますが、以前の scripted pipeline スタイルもサポートされます。

  4. OpenShift クラスターに Pipeline BuildConfig を作成します。

    $ oc create -f nodejs-sample-pipeline.yaml
    1. 独自のファイルを作成しない場合には、以下を実行して Origin リポジトリーからサンプルを使用できます。

      $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/origin/master/examples/jenkins/pipeline/nodejs-sample-pipeline.yaml
  5. Pipeline を起動します。

    $ oc start-build nodejs-sample-pipeline
    注記

    または、OpenShift Web コンソールで Builds → Pipeline セクションに移動して、Start Pipeline をクリックするか、Jenkins コンソールから作成した Pipeline に移動して、Build Now をクリックして Pipeline を起動できます。

    パイプラインが起動したら、以下のアクションがプロジェクト内で実行されるはずです。

    • ジョブインスタンスが Jenkins サーバー上で作成される
    • パイプラインで必要な場合には、スレーブ Pod が起動される
    • Pipeline がスレーブ Pod で実行されるか、またはスレーブが必要でない場合には master で実行される

      • template=nodejs-mongodb-example ラベルの付いた以前に作成されたリソースは削除されます。
      • 新規アプリケーションおよびそれに関連するすべてのリソースは、nodejs-mongodb-example テンプレートで作成されます。
      • ビルドは nodejs-mongodb-example BuildConfig を使用して起動されます。

        • パイプラインは、ビルドが完了して次のステージをトリガーするまで待機します。
      • デプロイメントは、nodejs-mongodb-example のデプロイメント設定を使用して開始されます。

        • パイプラインは、デプロイメントが完了して次のステージをトリガーするまで待機します。
      • ビルドとデプロイに成功すると、nodejs-mongodb-example:latest イメージが nodejs-mongodb-example:stage としてトリガーされます。
    • Pipeline で以前に要求されていた場合には、スレーブ Pod が削除される

      注記

      OpenShift Web コンソールで確認すると、最適な方法で Pipeline の実行を視覚的に把握することができます。Web コンソールにログインして、Builds → Pipelines に移動し、Pipeline を確認します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。