10.2. ビルドシークレットとしてのサブスクリプションエンタイトルメントの追加

Red Hat サブスクリプションを使用してコンテンツをインストールするビルドには、ビルドシークレットとしてエンタイトルメントキーを含める必要があります。

前提条件

サブスクリプションを使用して Red Hat エンタイトルメントにアクセスできる必要があり、エンタイトルメントには別個のパブリックキーおよびプライベートキーファイルがなければなりません。

手順

  1. エンタイトルメントを含むシークレットを作成し、パブリックキーとプライベートキーが含まれる別々のファイルがあることを確認します。

    $  oc create secret generic etc-pki-entitlement --from-file /path/to/entitlement/{ID}.pem \
    > --from-file /path/to/entitlement/{ID}-key.pem ...
  2. シークレットをビルド入力としてビルド設定に追加します。

    source:
      secrets:
      - secret:
          name: etc-pki-entitlement
        destinationDir: etc-pki-entitlement

ベース RHEL イメージのプルに使用するパスには、以下の 2 つのパスがあります。

  • registry.redhat.io に対するプルシークレットをプロジェクトに追加します。
  • RHEL ベースのイメージのイメージストリームを OpenShift namespace に作成します。これにより、イメージストリームがクラスター全体で利用可能になります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。