3.6. 入力シークレットおよび ConfigMap

シナリオによっては、ビルド操作で、依存するリソースにアクセスするための認証情報や他の設定データが必要になる場合がありますが、この情報をソースコントロールに配置するのは適切ではありません。この場合は、入力シークレット および input ConfigMap を定義することができます。

たとえば、Maven を使用して Java アプリケーションをビルドする場合、プライベートキーを使ってアクセスされる Maven Central または JCenter のプライベートミラーをセットアップできます。そのプライベートミラーからライブラリーをダウンロードするには、以下を指定する必要があります。

  1. ミラーの URL および接続の設定が含まれる settings.xml ファイル。
  2. ~/.ssh/id_rsa などの、設定ファイルで参照されるプライベートキー。

セキュリティー上の理由により、認証情報はアプリケーションイメージで公開しないでください。

以下の例は Java アプリケーションについて説明していますが、/etc/ssl/certs ディレクトリー、API キーまたはトークン、ラインセンスファイルなどに SSL 証明書を追加する場合に同じ方法を使用できます。

3.6.1. 入力シークレットおよび ConfigMap の追加

シナリオによっては、ビルド操作で、依存するリソースにアクセスするための認証情報や他の設定データが必要になる場合がありますが、この情報をソースコントロールに配置するのは適切ではありません。この場合は、入力シークレット および input ConfigMap を定義することができます。

手順

既存の BuildConfig に入力シークレットおよび/または ConfigMap を追加するには、以下を行います。

  1. ConfigMap がない場合は作成します。

    $ oc create configmap settings-mvn \
        --from-file=settings.xml=<path/to/settings.xml>

    これにより、settings-mvn という名前の新しい ConfigMap が作成されます。 これには、settings.xml ファイルのプレーンテキストのコンテンツが含まれます。

  2. シークレットがない場合は作成します。

    $ oc create secret generic secret-mvn \
        --from-file=id_rsa=<path/to/.ssh/id_rsa>

    これにより、secret-mvn という名前の新規シークレットが作成されます。 これには、id_rsa プライベートキーの base64 でエンコードされたコンテンツが含まれます。

  3. ConfigMap およびシークレットを既存の BuildConfigsource セクションに追加します。

    source:
      git:
        uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
      contextDir: helloworld
      configMaps:
        - configMap:
            name: settings-mvn
      secrets:
        - secret:
            name: secret-mvn

シークレットおよび ConfigMap を新規の BuildConfig に追加するには、以下のコマンドを実行します。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn” \
    --build-config-map "settings-mvn"

ビルド時に、settings.xml および id_rsa ファイルはソースコードが配置されているディレクトリーにコピーされます。OpenShift Container Platform S2I ビルダーイメージでは、これはイメージの作業ディレクトリーで、DockerfileWORKDIR の指示を使用して設定されます。別のディレクトリーを指定するには、 destinationDir を定義に追加します。

source:
  git:
    uri: https://github.com/wildfly/quickstart.git
  contextDir: helloworld
  configMaps:
    - configMap:
        name: settings-mvn
      destinationDir: ".m2"
  secrets:
    - secret:
        name: secret-mvn
      destinationDir: ".ssh"

新規の BuildConfig を作成時に、宛先のディレクトリーを指定することも可能です。

$ oc new-build \
    openshift/wildfly-101-centos7~https://github.com/wildfly/quickstart.git \
    --context-dir helloworld --build-secret “secret-mvn:.ssh” \
    --build-config-map "settings-mvn:.m2"

いずれの場合も、settings.xml ファイルがビルド環境の ./.m2 ディレクトリーに追加され、id_rsa キーは ./.ssh ディレクトリーに追加されます。

3.6.2. Source-to-Image ストラテジー

Source ストラテジーを使用すると、定義された入力シークレットはすべて、適切な destinationDir にコピーされます。destinationDir を空にすると、シークレットはビルダーイメージの作業ディレクトリーに配置されます。

destinationDir が相対パスの場合に同じルールが使用されます。シークレットは、イメージの作業ディレクトリーに対する相対的なパスに配置されます。destinationDir パスの最終ディレクトリーは、ビルダーイメージにない場合に作成されます。destinationDir の先行するすべてのディレクトリーは存在している必要があり、そうでない場合にはエラーが生じます。

注記

入力シークレットは全ユーザーに書き込み権限が割り当てられた状態で追加され (0666 のパーミッション)、assemble スクリプトの実行後には、サイズが 0 になるように切り捨てられます。つまり、シークレットファイルは作成されたイメージ内に存在はしますが、セキュリティーの関係上、空になります。

入力 ConfigMap は、assemble スクリプトの実行後に切り捨てられません。

3.6.3. Docker ストラテジー

Docker ストラテジーを使用すると、DockerfileADD および COPY の命令 を使用してコンテナーイメージに定義されたすべての入力シークレットを追加できます。

シークレットの destinationDir を指定しない場合は、ファイルは、Dockerfile が配置されているのと同じディレクトリーにコピーされます。相対パスを destinationDir として指定する場合は、シークレットは、Dockerfile と相対的なディレクトリーにコピーされます。これにより、ビルド時に使用するコンテキストディレクトリーの一部として、Docker ビルド操作でシークレットファイルが利用できるようになります。

シークレットおよび ConfigMap データを参照する Dockerfile の例

FROM centos/ruby-22-centos7

USER root
COPY ./secret-dir /secrets
COPY ./config /

# Create a shell script that will output secrets and ConfigMaps when the image is run
RUN echo '#!/bin/sh' > /input_report.sh
RUN echo '(test -f /secrets/secret1 && echo -n "secret1=" && cat /secrets/secret1)' >> /input_report.sh
RUN echo '(test -f /config && echo -n "relative-configMap=" && cat /config)' >> /input_report.sh
RUN chmod 755 /input_report.sh

CMD ["/bin/sh", "-c", "/input_report.sh"]

注記

通常はシークレットがイメージから実行するコンテナーに置かれないように、入力シークレットを最終的なアプリケーションイメージから削除する必要があります。ただし、シークレットは追加される階層のイメージ自体に存在します。この削除は、Dockerfile の一部として組み込まれる必要があります。

3.6.4. カスタムストラテジー

Custom ストラテジーを使用する場合、定義された入力シークレットおよび ConfigMap はすべて、/var/run/secrets/openshift.io/build ディレクトリー内のビルダーコンテナーで入手できます。カスタムのビルドイメージは、これらのシークレットおよび ConfigMap を適切に使用する必要があります。また、Custom ストラテジーを使用すると、カスタムストラテジーのオプションで記載されているようにシークレットを定義できます。

既存のストラテジーのシークレットと入力シークレットには違いはありません。ただし、ビルダーイメージはこれらを区別し、、ビルドのユースケースに基づいてこれらを異なる方法で使用する場合があります。

入力シークレットは常に /var/run/secrets/openshift.io/build ディレクトリーにマウントされます。 そうでない場合には、ビルダーが完全なビルドオブジェクトを含む $BUILD 環境変数を解析できます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。