9.5. ビルドのプルーニング

デフォルトで、ライフサイクルを完了したビルドは無制限に保持されます。保持される以前のビルドの数を制限することができます。

手順

  1. successfulBuildsHistoryLimit または failedBuildsHistoryLimit の正の値を BuildConfig に指定して、保持される以前のビルドの数を制限します。 以下は例になります。

    apiVersion: "v1"
    kind: "BuildConfig"
    metadata:
      name: "sample-build"
    spec:
      successfulBuildsHistoryLimit: 2 1
      failedBuildsHistoryLimit: 2 2
    1
    successfulBuildsHistoryLimit は、completed のステータスのビルドを最大 2 つまで保持します。
    2
    failedBuildsHistoryLimit はステータスが failedcancelled または error のビルドを最大 2 つまで保持します。
  2. 以下の動作のいずれかを実行して、ビルドのプルーニングをトリガーします。

    • ビルド設定が更新された場合
    • ビルドがそのライフサイクルを完了するのを待機します。

ビルドは、作成時のタイムスタンプで分類され、一番古いビルドが先にプルーニングされます。

注記

管理者は、'oc adm' オブジェクトプルーニングコマンドを使用して、ビルドを手動でプルーニングできます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。