第9章 サービスアカウントの概要および作成

9.1. サービスアカウントの概要

サービスアカウントは、コンポーネントが API に直接アクセスできるようにする OpenShift Container Platform アカウントです。サービスアカウントは各プロジェクトに存在する API オブジェクトです。サービスアカウントは、通常ユーザーの認証情報を共有せずに API アクセスを制御する柔軟な方法を提供します。

OpenShift Container Platform CLI または Web コンソールを使用する場合、API トークンは API に対する認証を行います。コンポーネントをサービスアカウントに関連付け、通常ユーザーの認証情報を使用せずにそれらが API にアクセスできるようにします。たとえば、サービスアカウントにより、以下が可能になります。

  • レプリケーションコントローラーが Pod を作成するか、または削除するために API 呼び出しを実行する。
  • コンテナー内のアプリケーションが検出目的で API 呼び出しを実行する。
  • 外部アプリケーションがモニターまたは統合目的で API 呼び出しを実行する。

各サービスアカウントのユーザー名は、そのプロジェクトおよび名前から派生します。

system:serviceaccount:<project>:<name>

すべてのサービスアカウントは以下の 2 つのグループのメンバーでもあります。

system:serviceaccounts
システムのすべてのサービスアカウントが含まれます。
system:serviceaccounts:<project>
指定されたプロジェクトのすべてのサービスアカウントが含まれます。

各サービスのアカウントには、2 つのシークレットが自動的に含まれます。

  • API トークン
  • OpenShift Container レジストリーの認証情報

生成される API トークンとレジストリーの認証情報は期限切れになることはありませんが、シークレットを削除することで取り消すことができます。シークレットが削除されると、新規のシークレットが自動生成され、これに置き換わります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。