Menu Close

13.2. デフォルトのサービスアカウント

OpenShift Container Platform クラスターには、クラスター管理用のデフォルトのサービスアカウントが含まれ、各プロジェクトのサービスアカウントは追加で生成されます。

13.2.1. デフォルトのクラスターサービスアカウント

一部のインフラストラクチャーコントローラーは、サービスアカウント認証情報を使用して実行されます。以下のサービスアカウントは、サーバーの起動時に OpenShift Container Platform インフラストラクチャープロジェクト (openshift-infra) に作成され、クラスター全体での以下のロールが付与されます。

サービスアカウント説明

replication-controller

system:replication-controller ロールが割り当てられます。

deployment-controller

system:deployment-controller ロールが割り当てられます。

build-controller

system:build-controller ロールが割り当てられます。さらに、build-controller サービスアカウントは、特権付きの ビルド Pod を作成するために特権付きセキュリティーコンテキストに組み込まれます。

13.2.2. デフォルトのプロジェクトサービスアカウントおよびロール

3 つのサービスアカウントが各プロジェクトで自動的に作成されます。

サービスアカウント使用法

builder

ビルド Pod で使用されます。これには system:image-builder ロールが付与されます。 このロールは、内部 Docker レジストリーを使用してイメージをプロジェクトのイメージストリームにプッシュすることを可能にします。

deployer

デプロイメント Pod で使用され、system:deployer ロールが付与されます。 このロールは、プロジェクトでレプリケーションコントローラーや Pod を表示したり、変更したりすることを可能にします。

default

別のサービスアカウントが指定されていない限り、その他すべての Pod を実行するために使用されます。

プロジェクトのすべてのサービスアカウントには system:image-puller ロールが付与されます。 このロールは、内部コンテナーイメージレジストリーを使用してイメージをイメージストリームからプルすることを可能にします。