Menu Close

2.8. OLM 証明書

管理

OpenShift Lifecycle Manager (OLM) コンポーネント (olm-operatorcatalog-operatorpackageserver、および marketplace-operator) のすべての証明書はシステムによって管理されます。

OLM でインストールされる Operator は、API サービスを提供する場合に証明書を生成することができます。packageserver は一例になります。

openshift-operator-lifecycle-manager namespace の証明書は、検証用または変更用の Webhook を必要とする Operator によって使用される証明書を除き、OLM によって管理されます。

検証用または変更用の Webhook をインストールする Operator は、現時点でそれらの証明書を管理している必要があります。ユーザーが証明書を管理する必要はありません。

OLM はプロキシー環境で管理する Operator の証明書を更新しません。これらの証明書は、ユーザーがサブスクリプション設定で管理する必要があります。