Menu Close

5.6. OAuth サーバーメタデータ

OpenShift Container Platform で実行されているアプリケーションは、ビルトイン OAuth サーバーについての情報を検出する必要がある場合があります。たとえば、それらは <namespace_route> のアドレスを手動の設定なしで検出する必要があります。これを支援するために、OpenShift Container Platform は IETF OAuth 2.0 Authorization Server Metadata ドラフト仕様を実装しています。

そのため、クラスター内で実行されているすべてのアプリケーションは、https://openshift.default.svc/.well-known/oauth-authorization-server に対して GET 要求を実行し、以下の情報を取得できます。

{
  "issuer": "https://<namespace_route>", 1
  "authorization_endpoint": "https://<namespace_route>/oauth/authorize", 2
  "token_endpoint": "https://<namespace_route>/oauth/token", 3
  "scopes_supported": [ 4
    "user:full",
    "user:info",
    "user:check-access",
    "user:list-scoped-projects",
    "user:list-projects"
  ],
  "response_types_supported": [ 5
    "code",
    "token"
  ],
  "grant_types_supported": [ 6
    "authorization_code",
    "implicit"
  ],
  "code_challenge_methods_supported": [ 7
    "plain",
    "S256"
  ]
}
1
https スキームを使用し、クエリーまたはフラグメントコンポーネントがない認可サーバーの発行者 IDです。これは、認可サーバーについての情報が含まれる .well-known RFC 5785 リソースが公開される場所です。
2
認可サーバーの認可エンドポートの URL です。RFC 6749を参照してください。
3
認可サーバーのトークンエンドポイントの URL です。RFC 6749を参照してください。
4
この認可サーバーがサポートする OAuth 2.0 RFC 6749 スコープの値の一覧を含む JSON 配列です。サポートされるスコープの値すべてが公開される訳ではないことに注意してください。
5
この認可サーバーがサポートする OAuth 2.0 response_type 値の一覧を含む JSON 配列です。使用される配列の値は、RFC 7591 の OAuth 2.0 Dynamic Client Registration Protocol で定義される response_types パラメーターで使用されるものと同じです
6
この認可サーバーがサポートする OAuth 2.0 grant type の値の一覧が含まれる JSON 配列です。使用される配列の値は、RFC 7591 の OAuth 2.0 Dynamic Client Registration Protocol で定義される grant_types パラメーターで使用されるものと同じです
7
この認可サーバーでサポートされる PKCE RFC 7636 コードのチャレンジメソッドの一覧が含まれる JSON 配列です。コード のチャレンジメソッドの値は、RFC 7636 のセクション 4.3で定義される code_challenge_method パラメーターで使用されます。有効なコードのチャレンジメソッドの値は、IANA PKCE Code Challenge Methods レジストリーで登録される値です。「IANA OAuth パラメーター」を参照してください。