Menu Close

18.4. LDAP グループの同期の例

このセクションには、RFC 2307、Active Directory、および拡張 Active Directory スキーマについての例が記載されています。

注記

これらの例では、すべてのユーザーがそれぞれのグループの直接的なメンバーであることを想定しています。とくに、グループには他のグループがメンバーとして含まれません。ネスト化されたグループを同期する方法の詳細については、ネスト化されたメンバーシップ同期の例について参照してください。

18.4.1. RFC 2307 スキーマの使用によるグループの同期

RFC 2307 スキーマの場合、以下の例では 2 名のメンバー (JaneJim) を持つ admins というグループを同期します。以下に例を示します。

  • グループとユーザーが LDAP サーバーに追加される方法。
  • 同期後に生成される OpenShift Container Platform の Group レコード。
注記

これらの例では、すべてのユーザーがそれぞれのグループの直接的なメンバーであることを想定しています。とくに、グループには他のグループがメンバーとして含まれません。ネスト化されたグループを同期する方法の詳細については、ネスト化されたメンバーシップ同期の例について参照してください。

RFC 2307 スキーマでは、ユーザー (Jane と Jim) とグループの両方がファーストクラスエントリーとして LDAP サーバーに存在し、グループメンバーシップはグループの属性に保存されます。以下の ldif のスニペットでは、このスキーマのユーザーとグループを定義しています。

RFC 2307 スキーマを使用する LDAP エントリー: rfc2307.ldif

  dn: ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: organizationalUnit
  ou: users
  dn: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: person
  objectClass: organizationalPerson
  objectClass: inetOrgPerson
  cn: Jane
  sn: Smith
  displayName: Jane Smith
  mail: jane.smith@example.com
  dn: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: person
  objectClass: organizationalPerson
  objectClass: inetOrgPerson
  cn: Jim
  sn: Adams
  displayName: Jim Adams
  mail: jim.adams@example.com
  dn: ou=groups,dc=example,dc=com
  objectClass: organizationalUnit
  ou: groups
  dn: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 1
  objectClass: groupOfNames
  cn: admins
  owner: cn=admin,dc=example,dc=com
  description: System Administrators
  member: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com 2
  member: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com

1
このグループは LDAP サーバーのファーストクラスエントリーです。
2
グループのメンバーは、グループの属性としての識別参照と共に一覧表示されます。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. rfc2307_config.yaml ファイルと同期します。

    $ oc adm groups sync --sync-config=rfc2307_config.yaml --confirm

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

    rfc2307_config.yaml ファイルを使用して作成される OpenShift Container Platform Group

    apiVersion: user.openshift.io/v1
    kind: Group
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400 1
        openshift.io/ldap.uid: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 2
        openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389 3
      creationTimestamp:
      name: admins 4
    users: 5
    - jane.smith@example.com
    - jim.adams@example.com

    1
    この OpenShift Container Platform Group と LDAP サーバーが最後に同期された時間です。ISO 6801 形式を使用します。
    2
    LDAP サーバーのグループの固有識別子です。
    3
    このグループのレコードが保存される LDAP サーバーの IP アドレスとホストです。
    4
    同期ファイルが指定するグループ名です。
    5
    グループのメンバーのユーザーです。同期ファイルで指定される名前が使用されます。

18.4.2. ユーザー定義の名前マッピングに関する RFC2307 スキーマを使用したグループの同期

グループとユーザー定義の名前マッピングを同期する場合、設定ファイルは、以下に示すこれらのマッピングが含まれるように変更されます。

ユーザー定義の名前マッピングに関する RFC 2307 スキーマを使用する LDAP 同期設定: rfc2307_config_user_defined.yaml

kind: LDAPSyncConfig
apiVersion: v1
groupUIDNameMapping:
  "cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com": Administrators 1
rfc2307:
    groupsQuery:
        baseDN: "ou=groups,dc=example,dc=com"
        scope: sub
        derefAliases: never
        pageSize: 0
    groupUIDAttribute: dn 2
    groupNameAttributes: [ cn ] 3
    groupMembershipAttributes: [ member ]
    usersQuery:
        baseDN: "ou=users,dc=example,dc=com"
        scope: sub
        derefAliases: never
        pageSize: 0
    userUIDAttribute: dn 4
    userNameAttributes: [ mail ]
    tolerateMemberNotFoundErrors: false
    tolerateMemberOutOfScopeErrors: false

1
ユーザー定義の名前マッピングです。
2
ユーザー定義の名前マッピングでキーに使用される固有の識別属性です。groupUIDAttribute に DN を使用している場合は groupsQuery フィルターを指定できません。詳細なフィルターを実行するには、ホワイトリスト/ブラックリストの方法を使用します。
3
固有の識別子がユーザー定義の名前マッピングに存在しない場合に OpenShift Container Platform Group に名前を付けるための属性です。
4
LDAP サーバーでユーザーを一意に識別する属性です。userUIDAttribute に DN を使用している場合は、usersQuery フィルターを指定できません。詳細なフィルターを実行するには、ホワイトリスト/ブラックリストの方法を使用します。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. rfc2307_config_user_defined.yaml ファイルとの同期を実行します。

    $ oc adm groups sync --sync-config=rfc2307_config_user_defined.yaml --confirm

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

    rfc2307_config_user_defined.yaml ファイルを使用して作成される OpenShift Container Platform Group

    apiVersion: user.openshift.io/v1
    kind: Group
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400
        openshift.io/ldap.uid: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com
        openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389
      creationTimestamp:
      name: Administrators 1
    users:
    - jane.smith@example.com
    - jim.adams@example.com

    1
    ユーザー定義の名前マッピングが指定するグループ名です。

18.4.3. ユーザー定義のエラートレランスに関する RFC 2307 の使用によるグループの同期

デフォルトでは、同期されるグループにメンバークエリーで定義された範囲外にあるエントリーを持つメンバーが含まれる場合、グループ同期は以下のエラーを出して失敗します。

Error determining LDAP group membership for "<group>": membership lookup for user "<user>" in group "<group>" failed because of "search for entry with dn="<user-dn>" would search outside of the base dn specified (dn="<base-dn>")".

これは usersQuery フィールドの baseDN の設定が間違っていることを示していることがよくあります。ただし、baseDN にグループの一部のメンバーが意図的に含まれていない場合、tolerateMemberOutOfScopeErrors: true を設定することでグループ同期が継続されます。範囲外のメンバーは無視されます。

同様に、グループ同期プロセスでグループのメンバーの検出に失敗した場合、同期はエラーを出して失敗します。

Error determining LDAP group membership for "<group>": membership lookup for user "<user>" in group "<group>" failed because of "search for entry with base dn="<user-dn>" refers to a non-existent entry".
Error determining LDAP group membership for "<group>": membership lookup for user "<user>" in group "<group>" failed because of "search for entry with base dn="<user-dn>" and filter "<filter>" did not return any results".

これは usersQuery フィールドの設定が間違っていることを示していることがよくあります。ただし、グループに欠落していると認識されているメンバーエントリーが含まれる場合、tolerateMemberNotFoundErrors: true を設定することでグループ同期が継続されます。問題のあるメンバーは無視されます。

警告

LDAP グループ同期のエラートレランスを有効にすると、同期プロセスは問題のあるメンバーエントリーを無視します。LDAP グループ同期が正しく設定されていない場合、同期された OpenShift Container Platform Group にメンバーが欠落する可能性があります。

問題のあるグループメンバーシップに関する RFC 2307 スキーマを使用する LDAP エントリー: rfc2307_problematic_users.ldif

  dn: ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: organizationalUnit
  ou: users
  dn: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: person
  objectClass: organizationalPerson
  objectClass: inetOrgPerson
  cn: Jane
  sn: Smith
  displayName: Jane Smith
  mail: jane.smith@example.com
  dn: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
  objectClass: person
  objectClass: organizationalPerson
  objectClass: inetOrgPerson
  cn: Jim
  sn: Adams
  displayName: Jim Adams
  mail: jim.adams@example.com
  dn: ou=groups,dc=example,dc=com
  objectClass: organizationalUnit
  ou: groups
  dn: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com
  objectClass: groupOfNames
  cn: admins
  owner: cn=admin,dc=example,dc=com
  description: System Administrators
  member: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
  member: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
  member: cn=INVALID,ou=users,dc=example,dc=com 1
  member: cn=Jim,ou=OUTOFSCOPE,dc=example,dc=com 2

1
LDAP サーバーに存在しないメンバーです。
2
存在する可能性はあるが、同期ジョブのユーザークエリーでは baseDN に存在しないメンバーです。

上記の例でエラーを許容するには、以下を同期設定ファイルに追加する必要があります。

エラーを許容する RFC 2307 スキーマを使用した LDAP 同期設定: rfc2307_config_tolerating.yaml

kind: LDAPSyncConfig
apiVersion: v1
url: ldap://LDAP_SERVICE_IP:389
rfc2307:
    groupsQuery:
        baseDN: "ou=groups,dc=example,dc=com"
        scope: sub
        derefAliases: never
    groupUIDAttribute: dn
    groupNameAttributes: [ cn ]
    groupMembershipAttributes: [ member ]
    usersQuery:
        baseDN: "ou=users,dc=example,dc=com"
        scope: sub
        derefAliases: never
    userUIDAttribute: dn 1
    userNameAttributes: [ mail ]
    tolerateMemberNotFoundErrors: true 2
    tolerateMemberOutOfScopeErrors: true 3

1
LDAP サーバーでユーザーを一意に識別する属性です。userUIDAttribute に DN を使用している場合は、usersQuery フィルターを指定できません。詳細なフィルターを実行するには、ホワイトリスト/ブラックリストの方法を使用します。
2
true の場合、同期ジョブは一部のメンバーが見つからなかったグループを許容し、LDAP エントリーが見つからなかったメンバーは無視されます。グループのメンバーが見つからない場合、同期ジョブのデフォルト動作は失敗します。
3
true の場合、同期ジョブは、一部のメンバーが usersQuery ベース DN で指定されるユーザー範囲外にいるグループを許容し、メンバークエリー範囲外のメンバーは無視されます。グループのメンバーが範囲外の場合、同期ジョブのデフォルト動作は失敗します。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. rfc2307_config_tolerating.yaml ファイルを使用して同期を実行します。

    $ oc adm groups sync --sync-config=rfc2307_config_tolerating.yaml --confirm

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

    rfc2307_config.yaml ファイルを使用して作成される OpenShift Container Platform Group

    apiVersion: user.openshift.io/v1
    kind: Group
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400
        openshift.io/ldap.uid: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com
        openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389
      creationTimestamp:
      name: admins
    users: 1
    - jane.smith@example.com
    - jim.adams@example.com

    1
    同期ファイルで指定されるグループのメンバーのユーザーです。検索中に許容されるエラーがないメンバーです。

18.4.4. Active Directory スキーマの使用によるグループの同期

Active Directory スキーマでは、両方のユーザー (Jane と Jim) がファーストクラスエントリーとして LDAP サーバーに存在し、グループメンバーシップはユーザーの属性に保存されます。以下の ldif のスニペットでは、このスキーマのユーザーとグループを定義しています。

Active Directory スキーマを使用する LDAP エントリー: active_directory.ldif

dn: ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: users

dn: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jane
sn: Smith
displayName: Jane Smith
mail: jane.smith@example.com
memberOf: admins 1

dn: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jim
sn: Adams
displayName: Jim Adams
mail: jim.adams@example.com
memberOf: admins

1
ユーザーのグループメンバーシップはユーザーの属性として一覧表示され、グループはサーバー上にエントリーとして存在しません。memberOf 属性はユーザーのリテラル属性である必要はありません。 一部の LDAP サーバーでは、これは検索中に作成され、クライアントに返されますが、データベースにコミットされません。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. active_directory_config.yaml ファイルを使用して同期を実行します。

    $ oc adm groups sync --sync-config=active_directory_config.yaml --confirm

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

    active_directory_config.yaml ファイルを使用して作成される OpenShift Container Platform Group

    apiVersion: user.openshift.io/v1
    kind: Group
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400 1
        openshift.io/ldap.uid: admins 2
        openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389 3
      creationTimestamp:
      name: admins 4
    users: 5
    - jane.smith@example.com
    - jim.adams@example.com

    1
    この OpenShift Container Platform Group と LDAP サーバーが最後に同期された時間です。ISO 6801 形式を使用します。
    2
    LDAP サーバーのグループの固有識別子です。
    3
    このグループのレコードが保存される LDAP サーバーの IP アドレスとホストです。
    4
    LDAP サーバーに一覧表示されるグループ名です。
    5
    グループのメンバーのユーザーです。同期ファイルで指定される名前が使用されます。

18.4.5. 拡張された Active Directory スキーマの使用によるグループの同期

拡張された Active Directory スキーマでは、両方のユーザー (Jane と Jim) とグループがファーストクラスエントリーとして LDAP サーバーに存在し、グループメンバーシップはユーザーの属性に保存されます。以下の ldif のスニペットでは、このスキーマのユーザーとグループを定義しています。

拡張された Active Directory スキーマを使用する LDAP エントリー: augmented_active_directory.ldif

dn: ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: users

dn: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jane
sn: Smith
displayName: Jane Smith
mail: jane.smith@example.com
memberOf: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 1

dn: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jim
sn: Adams
displayName: Jim Adams
mail: jim.adams@example.com
memberOf: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com

dn: ou=groups,dc=example,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: groups

dn: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 2
objectClass: groupOfNames
cn: admins
owner: cn=admin,dc=example,dc=com
description: System Administrators
member: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
member: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com

1
ユーザーのグループメンバーシップはユーザーの属性として一覧表示されます。
2
このグループは LDAP サーバーのファーストクラスエントリーです。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. augmented_active_directory_config.yaml ファイルを使用して同期を実行します。

    $ oc adm groups sync --sync-config=augmented_active_directory_config.yaml --confirm

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

    apiVersion: user.openshift.io/v1
    kind: Group
    metadata:
      annotations:
        openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400 1
        openshift.io/ldap.uid: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 2
        openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389 3
      creationTimestamp:
      name: admins 4
    users: 5
    - jane.smith@example.com
    - jim.adams@example.com
    1
    この OpenShift Container Platform Group と LDAP サーバーが最後に同期された時間です。ISO 6801 形式を使用します。
    2
    LDAP サーバーのグループの固有識別子です。
    3
    このグループのレコードが保存される LDAP サーバーの IP アドレスとホストです。
    4
    同期ファイルが指定するグループ名です。
    5
    グループのメンバーのユーザーです。同期ファイルで指定される名前が使用されます。

18.4.5.1. LDAP のネスト化されたメンバーシップ同期の例

OpenShift Container Platform の Group はネスト化しません。LDAP サーバーはデータが使用される前にグループメンバーシップを平坦化する必要があります。Microsoft の Active Directory Server は、LDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAIN ルールによりこの機能をサポートしており、これには OID 1.2.840.113556.1.4.1941が設定されています。さらに、このマッチングルールを使用すると、明示的にホワイトリスト化されたグループのみを同期できます。

このセクションでは、拡張された Active Directory スキーマの例を取り上げ、1 名のユーザー Jane と 1 つのグループ otheradmins をメンバーとして持つ admins というグループを同期します。otheradmins グループには 1 名のユーザーメンバー Jim が含まれます。この例では以下のことを説明しています。

  • グループとユーザーが LDAP サーバーに追加される方法。
  • LDAP 同期設定ファイルの概観。
  • 同期後に生成される OpenShift Container Platform の Group レコード。

拡張された Active Directory スキーマでは、ユーザー (JaneJim) とグループの両方がファーストクラスエントリーとして LDAP サーバーに存在し、グループメンバーシップはユーザーまたはグループの属性に保存されます。以下の ldif のスニペットはこのスキーマのユーザーとグループを定義します。

ネスト化されたメンバーを持つ拡張された Active Directory スキーマを使用する LDAP エントリー: augmented_active_directory_nested.ldif

dn: ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: users

dn: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jane
sn: Smith
displayName: Jane Smith
mail: jane.smith@example.com
memberOf: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 1

dn: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com
objectClass: person
objectClass: organizationalPerson
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: testPerson
cn: Jim
sn: Adams
displayName: Jim Adams
mail: jim.adams@example.com
memberOf: cn=otheradmins,ou=groups,dc=example,dc=com 2

dn: ou=groups,dc=example,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: groups

dn: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 3
objectClass: group
cn: admins
owner: cn=admin,dc=example,dc=com
description: System Administrators
member: cn=Jane,ou=users,dc=example,dc=com
member: cn=otheradmins,ou=groups,dc=example,dc=com

dn: cn=otheradmins,ou=groups,dc=example,dc=com 4
objectClass: group
cn: otheradmins
owner: cn=admin,dc=example,dc=com
description: Other System Administrators
memberOf: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 5 6
member: cn=Jim,ou=users,dc=example,dc=com

1 2 5
ユーザーとグループのメンバーシップはオブジェクトの属性として一覧表示されます。
3 4
このグループは LDAP サーバーのファーストクラスエントリーです。
6
otheradmins グループは admins グループのメンバーです。

Active Directory を使用してネスト化されたグループを同期するには、ユーザーエントリーとグループエントリーの両方の LDAP クエリー定義と内部 OpenShift Container Platform Group レコードでそれらを表すのに使用する属性を指定する必要があります。さらに、この設定では特定の変更が必要となります。

  • oc adm groups sync コマンドはグループを明示的にホワイトリスト化する必要があります。
  • ユーザーの groupMembershipAttributes には "memberOf:1.2.840.113556.1.4.1941:" を含め、LDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAIN ルールに従う必要があります。
  • groupUIDAttributedn に設定される必要があります。
  • groupsQuery:

    • filter を設定しないでください。
    • 有効な derefAliases を設定する必要があります。
    • baseDN を設定しないでください。 この値は無視されます。
    • scope を設定しないでください。 この値は無視されます。

明確にするために、OpenShift Container Platform で作成するグループは (可能な場合) ユーザーまたは管理者に表示されるフィールドに識別名以外の属性を使用する必要があります。たとえば、メールによって OpenShift Container Platform Group のユーザーを識別し、一般名としてグループの名前を使用します。以下の設定ファイルでは、このような関係を作成しています。

ネスト化されたメンバーを持つ拡張された Active Directory スキーマを使用する LDAP 同期設定です。 augmented_active_directory_config_nested.yaml

kind: LDAPSyncConfig
apiVersion: v1
url: ldap://LDAP_SERVICE_IP:389
augmentedActiveDirectory:
    groupsQuery: 1
        derefAliases: never
        pageSize: 0
    groupUIDAttribute: dn 2
    groupNameAttributes: [ cn ] 3
    usersQuery:
        baseDN: "ou=users,dc=example,dc=com"
        scope: sub
        derefAliases: never
        filter: (objectclass=inetOrgPerson)
        pageSize: 0
    userNameAttributes: [ mail ] 4
    groupMembershipAttributes: [ "memberOf:1.2.840.113556.1.4.1941:" ] 5

1
groupsQuery フィルターは指定できません。groupsQuery ベース DN とスコープ値は無視されます。 groupsQuery は有効な derefAliases を設定する必要があります。
2
LDAP サーバーのグループを一意に識別する属性です。dn に設定される必要があります。
3
Group の名前として使用する属性です。
4
OpenShift Container Platform Group レコードでユーザーの名前として使用する属性です。 ほとんどのインストールで、mail または sAMAccountName を選択することが推奨されています。
5
メンバーシップ情報を保存するユーザーの属性です。LDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAINを使用することに注意してください。

前提条件

  • 設定ファイルを作成します。

手順

  1. augmented_active_directory_config_nested.yaml ファイルを使用して同期を実行します。

    $ oc adm groups sync \
        'cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com' \
        --sync-config=augmented_active_directory_config_nested.yaml \
        --confirm
    注記

    cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com グループを明示的にホワイトリスト化する必要があります。

    OpenShift Container Platform は、上記の同期操作の結果として以下のグループレコードを作成します。

augmented_active_directory_config_nested.yaml ファイルを使用して作成される OpenShift Group

apiVersion: user.openshift.io/v1
kind: Group
metadata:
  annotations:
    openshift.io/ldap.sync-time: 2015-10-13T10:08:38-0400 1
    openshift.io/ldap.uid: cn=admins,ou=groups,dc=example,dc=com 2
    openshift.io/ldap.url: LDAP_SERVER_IP:389 3
  creationTimestamp:
  name: admins 4
users: 5
- jane.smith@example.com
- jim.adams@example.com

1
この OpenShift Container Platform Group と LDAP サーバーが最後に同期された時間です。ISO 6801 形式を使用します。
2
LDAP サーバーのグループの固有識別子です。
3
このグループのレコードが保存される LDAP サーバーの IP アドレスとホストです。
4
同期ファイルが指定するグループ名です。
5
グループのメンバーのユーザーです。同期ファイルで指定される名前が使用されます。グループメンバーシップは Microsoft Active Directory Server によって平坦化されているため、ネスト化されたグループのメンバーが含まれることに注意してください。