Menu Close

7.3. LDAP アイデンティティープロバイダーの設定

ldap アイデンティティープロバイダーを、単純なバインド認証を使用して LDAPv3 サーバーに対してユーザー名とパスワードを検証するように設定します。

7.3.1. OpenShift Container Platform のアイデンティティープロバイダーについて

デフォルトでは、kubeadmin ユーザーのみがクラスターに存在します。アイデンティティープロバイダーを指定するには、アイデンティティープロバイダーを記述し、これをクラスターに追加するカスタムリソースを作成する必要があります。

注記

/:、および % を含む OpenShift Container Platform ユーザー名はサポートされません。

7.3.2. LDAP 認証について

認証時に、指定されたユーザー名に一致するエントリーが LDAP ディレクトリーで検索されます。単一の一意の一致が見つかった場合、エントリーの識別名 (DN) と指定されたパスワードを使用した単純なバインドが試みられます。

以下の手順が実行されます。

  1. 設定された url の属性およびフィルターとユーザーが指定したユーザー名を組み合わせて検索フィルターを生成します。
  2. 生成されたフィルターを使用してディレクトリーを検索します。検索によって 1 つもエントリーが返されない場合は、アクセスを拒否します。
  3. 検索で取得したエントリーの DN とユーザー指定のパスワードを使用して LDAP サーバーへのバインドを試みます。
  4. バインドが失敗した場合は、アクセスを拒否します。
  5. バインドが成功した場合は、アイデンティティー、電子メールアドレス、表示名、および推奨ユーザー名として設定された属性を使用してアイデンティティーを作成します。

設定される url は、LDAP ホストと使用する検索パラメーターを指定する RFC 2255 URL です。URL の構文は以下のようになります。

ldap://host:port/basedn?attribute?scope?filter

この URL の場合:

URL コンポーネント説明

ldap

通常の LDAP の場合は、文字列 ldap を使用します。セキュアな LDAP (LDAPS) の場合は、代わりに ldaps を使用します。

host:port

LDAP サーバーの名前とポートです。デフォルトは、ldap の場合は localhost:389、LDAPS の場合は localhost:636 です。

basedn

すべての検索が開始されるディレクトリーのブランチの DN です。これは少なくともディレクトリーツリーの最上位になければなりませんが、ディレクトリーのサブツリーを指定することもできます。

attribute

検索対象の属性です。RFC 2255 はカンマ区切りの属性の一覧を許可しますが、属性をどれだけ指定しても最初の属性のみが使用されます。属性を指定しない場合は、デフォルトで uid が使用されます。使用しているサブツリーのすべてのエントリー間で一意の属性を選択することを推奨します。

scope

検索の範囲です。one または sub のいずれかを指定できます。範囲を指定しない場合は、デフォルトの範囲として sub が使用されます。

filter

有効な LDAP 検索フィルターです。指定しない場合、デフォルトは (objectClass=*) です。

重要

非セキュアな LDAP 接続(ldap:// またはポート 389)を使用している場合は、設定ウィザードで で Insecure オプションを確認する必要があります。

検索の実行時に属性、フィルター、指定したユーザー名が組み合わされて以下のような検索フィルターが作成されます。

(&(<filter>)(<attribute>=<username>))

たとえば、以下の URL について見てみましょう。

ldap://ldap.example.com/o=Acme?cn?sub?(enabled=true)

クライアントが bob というユーザー名を使用して接続を試みる場合、生成される検索フィルターは (&(enabled=true)(cn=bob)) になります。

LDAP ディレクトリーの検索に認証が必要な場合は、エントリー検索の実行に使用する bindDNbindPassword を指定します。

7.3.3. LDAP シークレットの作成

アイデンティティープロバイダーを使用するには、 bindPassword が含まれる OpenShift Container Platform シークレットを定義する必要があります。

  • bindPassword が含まれる OpenShift Container Platform シークレットを定義します。

    $ oc create secret generic ldap-secret --from-literal=bindPassword=<secret> -n openshift-config
    注記

    上記のコマンドが示すように、--from-literal 引数についての bindPassword を含むシークレットキーは bindPassword として指定する必要があります。

7.3.4. ConfigMap の作成

アイデンティティープロバイダーは、openshift-config namespace で OpenShift Container Platform ConfigMap を使用し、認証局バンドルをこれに組み込みます。これらは、主にアイデンティティープロバイダーで必要な証明書バンドルを組み込むために使用されます。

  • 以下のコマンドを使用して、認証局が含まれる OpenShift Container Platform ConfigMap を定義します。認証局は ConfigMap の ca.crt キーに保存する必要があります。

    $ oc create configmap ca-config-map --from-file=ca.crt=/path/to/ca -n openshift-config

7.3.5. LDAP CR のサンプル

以下のカスタムリソース (CR) は、LDAP アイデンティティープロバイダーのパラメーターおよび許可される値を示しています。

LDAP CR

apiVersion: config.openshift.io/v1
kind: OAuth
metadata:
  name: cluster
spec:
  identityProviders:
  - name: ldapidp 1
    mappingMethod: claim 2
    type: LDAP
    ldap:
      attributes:
        id: 3
        - dn
        email: 4
        - mail
        name: 5
        - cn
        preferredUsername: 6
        - uid
      bindDN: "" 7
      bindPassword: 8
        name: ldap-secret
      ca: 9
        name: ca-config-map
      insecure: false 10
      url: "ldap://ldap.example.com/ou=users,dc=acme,dc=com?uid" 11

1
このプロバイダー名は返されるユーザー名にプレフィックスとして付加され、アイデンティティー名が作成されます。
2
このプロバイダーのアイデンティティーとユーザーオブジェクト間にマッピングが確立される方法を制御します。
3
アイデンティティーとして使用する属性の一覧です。最初の空でない属性が使用されます。少なくとも 1 つの属性が必要です。一覧表示される属性のいずれにも値がない場合、認証は失敗します。定義される属性は raw データとして取得され、バイナリー値の使用を許可します。
4
メールアドレスとして使用する属性の一覧です。最初の空でない属性が使用されます。
5
表示名として使用する属性の一覧です。最初の空でない属性が使用されます。
6
このアイデンティティーのユーザーをプロビジョニングする際に推奨ユーザー名として使用する属性の一覧です。最初の空でない属性が使用されます。
7
検索フェーズでバインドするために使用するオプションの DN です。bindPassword が定義される場合に設定される必要があります。
8
オプション: バインドパスワードを含む OpenShift Container Platform シークレットへの参照。bindDN が定義される場合に設定される必要があります。
9
オプション: 設定済みの URL のサーバー証明書を検証するために使用する PEM エンコードされた認証局バンドルを含む OpenShift Container Platform ConfigMap への参照。insecurefalse の場合にのみ使用されます。
10
true の場合、サーバーへの TLS 接続は行われません。false の場合、ldaps:// URL は TLS を使用して接続し、ldap:// URL は TLS にアップグレードされます。これは、ldaps:// URL が使用されている場合は false に設定される必要があります。 これらの URL は常に TLS を使用して接続を試行します。
11
LDAP ホストと使用する検索パラメーターを指定する RFC 2255 URL です。
注記

LDAP 統合のためのユーザーのホワイトリストを作成するには、lookup マッピング方法を使用します。LDAP からのログインが許可される前に、クラスター管理者は各 LDAP ユーザーのアイデンティティーとユーザーオブジェクトを作成する必要があります。

7.3.6. アイデンティティープロバイダーのクラスターへの追加

クラスターのインストール後に、アイデンティティープロバイダーをそのクラスターに追加し、ユーザーの認証を実行できるようにします。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターを作成します。
  • アイデンティティープロバイダーのカスタムリソース (CR) を作成します。
  • 管理者としてログインしている必要があります。

手順

  1. 定義された CR を適用します。

    $ oc apply -f </path/to/CR>
    注記

    CR が存在しない場合、oc apply は新規 CR を作成し、さらに以下の警告をトリガーする可能性があります。Warning: oc apply should be used on resources created by either oc create --save-config or oc applyこの場合は、この警告を無視しても問題ありません。

  2. アイデンティティープロバイダーのユーザーとしてクラスターにログインし、プロンプトが出されたらパスワードを入力します。

    $ oc login -u <username>
  3. ユーザーが正常にログインされていることを確認し、ユーザー名を表示します。

    $ oc whoami