Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.7. サービスバンドルのプロビジョニング

3.7.1. サービスバンドルのプロビジョニング

以下の手順では、OpenShift Ansible Broker で利用可能にされている PostgreSQL サービスバンドル (APB) のサンプルをプロビジョニングします。

前提条件

  • サービスカタログがインストールされていること。
  • OpenShift Ansible Broker がインストールされていること。

手順

  1. プロジェクトを作成します。

    1. Web コンソールで、HomeProjects に移動し、Create Project をクリックします。
    2. test-postgresql-apbName フィールドに入力し、Create をクリックします。
  2. サービスインスタンスを作成します。

    1. CatalogDeveloper Catalog ページに移動します。
    2. PostgreSQL (APB) サービスバンドルを選択し、Create Service Instance をクリックします。
    3. デフォルトの選択を確認し、それ以外の必要なフィールドを設定してから Create をクリックします。
    4. CatalogProvisioned Services に移動し、dh-postgresql-apb サービスインスタンスが作成され、ステータスが Ready であることを確認します。

      HomeEvents ページで進捗を確認できます。しばらくすると、dh-postgresql-apb のイベントが「The instance was provisioned successfully」というメッセージと共に表示されるはずです。

  3. サービスバインディングを作成します。

    1. Provisioned Services ページから、dh-postgresql-apb をクリックし、Create Service Binding をクリックします。
    2. デフォルトのサービスバインディング名を確認し、Create をクリックします。

      これにより、指定された名前を使用してバインディングの新規シークレットが作成されます。

  4. 作成されたシークレットを確認します。

    1. WorkloadsSecrets に移動し、dh-postgresql-apb という名前のシークレットが作成されていることを確認します。
    2. dh-postgresql-apb をクリックし、他のアプリへのバインディングに使用されるキーと値のペアを Data セクションで確認します。